月刊生徒指導
  2018年2月号
■特集:生徒指導の評価を考える
  • 意味のある振り返りをするために/鈴木健二(愛知教育大学教授)
  • 学校評価アンケート〜作成・実施・活用〜/五浦哲也(北海道情報大学准教授)
  • 誰のための評価・点検なのか/寺崎賢一(麗澤大学非常勤講師)
  • いじめ・不登校を防止するFMCチームワーク評価/千葉孝司(北海道音更町立中学校教諭)
[語る]
  • いじめや事故をめぐる学校と保護者の溝/篠原宏明(一般社団法人「ここから未来」理事)
 


月刊 B5判
定価886円(本体820円)

平成30年度 年間誌代12,620円
(税込、増刊2冊を含む)


●2018年1月号はこちら

 

[連載]
  • ゼロからの生徒指導
     子どもと遊ぶ力をつける/吉田 順(元公立小中学校教諭・生徒指導コンサルタント)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(かかわり編)
     育てる生徒指導〜自分らしく生きる力が育まれる学校〜/森原かおり(公立小学校主幹教諭)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(背景編)
     積極的な生徒指導/中村 豊(東京理科大学教授)
  • 非行・問題行動と初期支援
     連携による支援を考える〜関係機関との連携〜/石橋昭良(文教大学人間科学部教授)
  • アドラー心理学で生徒指導(実践編)
     相互尊敬で生徒とつながる保健室経営/青沼眞弓(元養護教諭・特別支援学級教諭)
  • “つながり”を探して〜スクールソーシャルワーカー往復書簡〜
     2000文字が紡ぐ縁/金澤ますみ(桃山学院大学准教授)
  • 教育と法の狭間で
     図書館から借りた本を返さない/梅澤秀監(東京都立高等学校主幹教諭)・黒岩哲彦(東京弁護士会)
  • 生徒指導の歴史
     生徒指導上の諸問題と生徒指導行政/石田美清(埼玉県立大学教授)
  • その問題、ドラマケーションで変わるかも!
     学校行事がはじまる前に/三嶋浩二(NPO法人ドラマケーション普及センター理事長)
  • 日本の教育○○がスゴイ!
     3者をつなぐ「学級通信」/担任学研究会
  • 家本先生の言葉に学ぶ教師学
     問題の「根」を探れ/重水健介(全国教育文化研究所・日本群読教育の会事務局長)
  • 教育を診る〜取材ノートから〜
     発達障害と指導死を考える/中西 茂(玉川大学教授・教育ジャーナリスト・元読売新聞編集委員)
  • 新任・若手へ贈る “せんせい通信”
     深い学びは教員次第/桐山 勉(兵庫県尼崎市立中学校教頭)
  • 生徒指導事件史
     安全問題(2)監禁・略取・誘拐・拉致/嶋ア政男(神田外語大学客員教授)
  • 押さえておきたい教育ニュース
     「協同問題解決能力」日本が1位/担任学研究会
  • 教師のためのマナー講座
     節分の文化/柴崎直人(岐阜大学大学院教育学研究科准教授)
  • 若者文化事典/今 一生(フリーライター)
  • 2月のお話・今日の日にちなんで
  • 日本生徒指導学会 掲示板
     生徒指導実践を発展させるために 第18回大会(岡山大学)報告/大会実行委員長 住野好久(中国学園大学)・大会事務局長 村松 敦(岡山大学)
  • 生徒指導マンスリー情報
     「池田町における自殺事案を踏まえた生徒指導上の留意事項」について/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  • 国研ニュースレター
     「非認知的(社会情緒的)能力の発達と科学的検討手法についての研究」成果報告会について/国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター
  • コピーして使えるイラスト
  • ブックマンション
     『償い(さだまさし絵本シリーズ)』『ルビンの壺が割れた』『人工知能の核心』
  • 次号予告&あとがき
       
 
 
→ [月刊生徒指導トップへ]