月刊生徒指導
  2019年8月号
■特集:危機管理〜学校に潜む子どもの命を脅かす危険〜
  • 学校における危機管理とは/嶋ア政男(神田外語大学客員教授)
  • 危機管理意識をどう変えるか/椎名 薫(元埼玉県公立小・中学校教諭)
  • 危機管理における最善の行動と保健主事の役割/国吉恵一(京都産業大学准教授)
[語る]
  • 校則や指導の在り方を今一度見つめ直して/西郷孝彦(東京都世田谷区立桜丘中学校校長)
[提言]
  • “いいところ”探しの発信効果と考察〜組織的な取組から見えてきたこと〜/井上浩史(京都市教育委員会指導部生徒指導課課長)
 


月刊 B5判
定価886円(本体820円)

2019年度 年間誌代11,680円
(税別、増刊2冊を含む)


●2019年7月号はこちら

 

[連載]
  • ゼロからの生徒指導“部”
     指導上でトラブルは起きてもいいのか/吉田 順(元公立小中学校教諭・生徒指導コンサルタント)
  • “せいとしどう”ってなに?
     先輩! 学習指導における生徒指導って何ですか?/川端成實(「学級づくり研究会『ちから』」代表)
  • 3ステップでポイント整理! 小学校の生徒指導Q&A
     夏休みの指導これだけは/草野 剛(岐阜県不破郡垂井町立小学校生徒指導主事)
  • 通常学級における特別支援教育
     通級による指導の活用/笹森洋樹(国立特別支援教育総合研究所 発達障害教育推進センター長)
  • これからの情報モラル教育
     ゲーム依存を考えてみた/竹内和雄(兵庫県立大学准教授)
  • 学校という場の可能性〜スクールソーシャルワーク往復書簡〜
     「つなぐ」役割を担える条件/金澤ますみ(桃山学院大学准教授)
  • 家本先生の言葉に学ぶ教師学
     書くことは考えること/重水健介(全国教育文化研究所・日本群読教育の会事務局長)
  • 新任・若手へ贈る “せんせい通信”
     体罰/桐山 勉(尼崎市立教育総合センター学び企画担当課長)
  • あのときの生徒指導これで良かったのか……
     部活動指導で大切なこと/危うい進路指導/担任学研究会
  • 生徒指導とポスト平成
     学校週5日制(2)/中村 豊(東京理科大学教授)
  • 新しい教育課程と生徒指導上の諸課題等への対応
     「総合的な学習の時間」に育成する自己指導能力〜生徒指導の機能が働く探究的な活動〜/秋山麗子(神戸松蔭女子学院大学教授)
  • 教育を診る〜取材ノートから〜
     取手市の再調査報告書を読む/中西 茂(玉川大学教授・教育ジャーナリスト・元読売新聞編集委員)
  • 教育と法の狭間で
     林間学校で窓から落ちてけがをした/梅澤秀監(東京女子体育大学・短期大学特任教授)・黒岩哲彦(東京弁護士会所属弁護士)
  • 押さえておきたい教育ニュース
     夜間中学の設置・拡充に向けて/担任学研究会
  • 若者文化事典/今 一生(フリーライター)
  • 放課後コラム
  • 日本生徒指導学会 掲示板
     他団体との連携を深めて生徒指導の充実を/関東支部会代表 会沢信彦(文教大学)
  • 生徒指導マンスリー情報
     「不登校児童生徒の支援に係る実態調査」について/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  • 教師のためのマナー講座
     盆迎えの作法/柴崎直人(岐阜大学大学院教育学研究科准教授)
  • ブックマンション
     『まなぶ』『答えは本の中に隠れている』『インフルエンザ・ハンター ウイルスの秘密解明への100年』
  • 次号予告&あとがき
       
 
 
→ [月刊生徒指導トップへ]