月刊生徒指導
  2018年9月号
■特集:夏休み明けの生徒指導
  • 子どもたちを担任はどう迎えるか/八巻寛治(公立小学校教諭・ガイダンスカウンセラー)
  • 夏休み明けの子どもの「からだ」と「こころ」/岡田倫代(高知大学大学院総合人間自然科学研究科教授)
  • 「不登校かな?」と思ったら全職員で即協力/武正光江(元埼玉県幸手市立八代小学校校長)
  • 子どもの変化に気づいたら/梅野 弘(学校法人東福岡学園 東福岡高等学校教諭・教育相談室責任者)
  • 夏休み明け 学級再建チャート/千葉孝司(北海道河東郡音更町立中学校教諭)
[語る]
  • 一律の指導から個に応じた指導へ/坪田知広(前文部科学省初等中等教育局児童生徒課長)
 


月刊 B5判
定価886円(本体820円)

平成30年度 年間誌代12,620円
(税込、増刊2冊を含む)


●2018年8月号はこちら

 

[連載]
  • ゼロからの生徒指導
     〈演習問題2〉教室がすぐに汚くなるがどうすればいいか/吉田 順(元公立小中学校教諭・生徒指導コンサルタント)
  • 3ステップでポイント整理! 小学校の生徒指導Q&A
     若手教師の生徒指導力を育成する/草野 剛(岐阜県不破郡垂井町立小学校生徒指導主事)
  • ここが違うよ小中学校
     放課後/小川 拓(共栄大学教育学部准教授)・川端成實(「学級づくり研究会『ちから』」代表)
  • 子どもをむしばむSNS・ゲーム
     スマホゲーム〜やめられない・抜けられない〜/竹内和雄(兵庫県立大学准教授)
  • 新たな生徒指導「みんいく(睡眠教育)」
     睡眠朝食調査2/木田哲生(大阪府堺市教育委員会生徒指導課指導主事)
  • 学級経営・生徒指導に活かす コーチング&カウンセリング
     カウンセリング技法を用いた面談3/池田靖章(大阪高等学校教諭)
  • 家本先生の言葉に学ぶ教師学
     調査なくして発言権なし/重水健介(全国教育文化研究所・日本群読教育の会事務局長)
  • 生徒指導のマジックワードを問い直す
     「向き合う」とは/石川 一(兵庫県尼崎市教育委員会管理部職員課管理主事)
  • 学校という場の可能性〜スクールソーシャルワーク往復書簡〜
     子どもたちのために〜あきらめない学校現場〜/梶谷優子(福岡市教育委員会スクールソーシャルワーカー)
  • 新任・若手へ贈る “せんせい通信”
     過干渉な時代の声かけ/桐山 勉(兵庫県尼崎市立中学校教頭)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(かかわり編)
     教師が心得ておきたいメンタルヘルスとストレスマネジメント/黒木幸敏(姫路大学カウンセリング室カウンセラー 臨床心理士・学校心理士)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(背景編)
     学校と社会性/中村 豊(東京理科大学教授)
  • 日本の教育○○がスゴイ!
     日本独自の進化を遂げた文房具/担任学研究会
  • 教育を診る〜取材ノートから〜
     夜間中学から考える個と組織/中西 茂(玉川大学教授・教育ジャーナリスト・元読売新聞編集委員)
  • 教育と法の狭間で
     ネット上のトラブルにどう対応するか/梅澤秀監(東京都立高等学校主幹教諭)・黒岩哲彦(東京弁護士会)
  • 生徒指導事件史
     教師問題(1)体罰/嶋﨑政男(神田外語大学客員教授)
  • その問題、ドラマケーションで変わるかも!
     学びと遊びが接近する/三嶋浩二(NPO法人ドラマケーション普及センター理事長)
  • 押さえておきたい教育ニュース
     改正民法成立「18歳成人」/担任学研究会
  • 教師のためのマナー講座
     十五夜の習俗と作法/柴崎直人(岐阜大学大学院教育学研究科准教授)
  • 若者文化事典/今 一生(フリーライター)
  • 日本生徒指導学会 掲示板
     第19回大会・関西地区研究会 第11回大会(合同開催)のご案内/大会実行委員長・関西地区研究会副会長 大橋忠司(同志社大学)
  • 生徒指導マンスリー情報
     「児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策」について/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  • コピーして使えるイラスト
  • ブックマンション
     『たくさんのドア』『ファーストラヴ』『子どもとスマホ おとなの知らない子どもの現実』
  • 次号予告&あとがき
       
 
 
→ [月刊生徒指導トップへ]