月刊生徒指導
  2018年11月号
■特集:“校則”の意味
  • 校則指導〜子どもに伝わる指導とコミュニケーション〜/木田哲生(堺市教育委員会指導主事)
  • ゼロトレランス、その正しさが命を追いつめる/大貫隆志(一般社団法人ここから未来代表理事)
  • 学校の危機管理に関する「きまり」の実態/南部さおり(日本体育大学スポーツ文化学部准教授)
  • 校則を巡り苦悩する教師たち〜生徒の主体性と学校の規律保持との狭間で〜/新井 肇(関西外国語大学教授)
[語る]
  • 自己選択・自己決定が子どもにもたらすもの/早川悟司(児童養護施設 子供の家施設長・社会福祉士)
 


月刊 B5判
定価886円(本体820円)

平成30年度 年間誌代12,620円
(税込、増刊2冊を含む)


●2018年10月号はこちら

 

[連載]
  • ゼロからの生徒指導
     〈演習問題4〉座席をどう決めたらいいか/吉田 順(元公立小中学校教諭・生徒指導コンサルタント)
  • 3ステップでポイント整理! 小学校の生徒指導Q&A
     だらしのない子への学習指導/草野 剛(岐阜県不破郡垂井町立小学校生徒指導主事)
  • ここが違うよ小中学校
     家庭訪問/小川 拓(共栄大学教育学部准教授)・川端成實(「学級づくり研究会『ちから』」代表)
  • 子どもをむしばむSNS・ゲーム
     小学4年生のLINEトラブル/竹内和雄(兵庫県立大学准教授)
  • 新たな生徒指導「みんいく(睡眠教育)」
     みんいく面談1/木田哲生(大阪府堺市教育委員会生徒指導課指導主事)
  • 学級経営・生徒指導に活かす コーチング&カウンセリング
     相手の在り方/池田靖章(大阪高等学校教諭)
  • 家本先生の言葉に学ぶ教師学
     保護者への上から目線を改めよう/重水健介(全国教育文化研究所・日本群読教育の会事務局長)
  • 生徒指導のマジックワードを問い直す
     「甘える」「甘やかす」とは/阪中順子(兵庫県加古川市教育相談センター学校支援カウンセラー)
  • 学校という場の可能性〜スクールソーシャルワーク往復書簡〜
     子どもの死別・離別のサポート/佐藤まどか(カウンセリングスペース「リヴ」代表)
  • 新任・若手へ贈る “せんせい通信”
     バックキャスティング/桐山 勉(兵庫県尼崎市立中学校教頭)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(かかわり編)
     インクルーシブ教育を実現する学級経営/秋山麗子(神戸松蔭女子学院大学教授)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(背景編)
     教育の本質と特別支援教育〜競争から共生への転換点〜/中村 豊(東京理科大学教授)
  • 日本の教育○○がスゴイ!
     心に残る行事「修学旅行」/担任学研究会
  • 教育を診る〜取材ノートから〜
     北の大地で地震に遭遇して/中西 茂(玉川大学教授・教育ジャーナリスト・元読売新聞編集委員)
  • 教育と法の狭間で
     外泊を繰り返す生徒の指導/梅澤秀監(東京都立高等学校主幹教諭)・黒岩哲彦(東京弁護士会)
  • 生徒指導事件史
     教師問題(3)校則指導/嶋ア政男(神田外語大学客員教授)
  • その問題、ドラマケーションで変わるかも!
     表現力を育むために/三嶋浩二(NPO法人ドラマケーション普及センター理事長)
  • 押さえておきたい教育ニュース
     「キッズウィーク」はどうなる?/担任学研究会
  • 教師のためのマナー講座
     酉の市の文化/柴崎直人(岐阜大学大学院教育学研究科准教授)
  • 若者文化事典/今 一生(フリーライター)
  • 日本生徒指導学会 掲示板
     生徒指導・進路指導研究センターの情報活用法/副会長・事務局長 八並光俊(東京理科大学)
  • 生徒指導マンスリー情報
     SOSの出し方に関する教育の教材例について/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  • コピーして使えるイラスト
  • ブックマンション
     『わたしはあかねこ』『ナナメの夕暮れ』『日本の気配』
  • 次号予告&あとがき
       
 
 
→ [月刊生徒指導トップへ]