月刊生徒指導
  2017年10月号
■特集:教師の誤解と保護者の言い分
  • 保護者の日常を知る〜“教師は世間知らず”と言われないために〜/小西悦子(東京都立高等学校主任教諭)
  • なぜ保護者は教師を批判するのか〜中間層の保護者に支持されるには〜/山本純人(埼玉県川越市立中学校教諭)
  • 教師に誤解されやすい保護者の理解〜インテリな親を例に〜/橋本奈々重(公立中学校教頭)
  • 「勉強なんてやったって無駄」の背景にあるもの/森山誉恵(認定NPO法人3keys代表理事)
  • 和田中の実態〜学力と生徒指導のかかわり〜/末吉雄二(日本ウェルネススポーツ大学教授)
[語る]
  • いじめの仕組み/玉聞伸啓(「いじめと戦おう」ホームページ制作者・地方公務員)
 


月刊 B5判
定価886円(本体820円)

平成29年度 年間誌代12,620円
(税込、増刊2冊を含む)


●2017年9月号はこちら

 

[連載]
  • ゼロからの生徒指導
     「不公平感」を抱かせない/吉田 順(元公立小中学校教諭・生徒指導コンサルタント)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(かかわり編)
     これからの部活動の在り方〜事例でみる部活動顧問と外部指導者の協働〜/川口 厚(桃山学院大学専任教員)
  • 平成生まれの教師へのアプローチ(背景編)
     過渡期にある公立中学校の部活動/中村 豊(東京理科大学教授)
  • 非行・問題行動と初期支援
     男子による性非行〜事例を通じて支援を考える〜/石橋昭良(文教大学人間科学部教授)
  • アドラー心理学で生徒指導(実践編)
     共同体感覚を育む学級経営/山谷庄恵(北海道札幌市立中学校教諭)
  • “つながり”を探して〜スクールソーシャルワーカー往復書簡〜
     高次脳機能障害のある子どもと学校生活/金澤ますみ(桃山学院大学准教授)
  • 教育と法の狭間で
     問題行動の事実を内申書に記載した/梅澤秀監(東京都立高等学校主幹教諭)・黒岩哲彦(東京弁護士会)
  • 生徒指導の歴史
     『生徒指導の手びき』の公刊/石田美清(埼玉県立大学教授)
  • その問題、ドラマケーションで変わるかも!
     コミュニケーションから考える生徒指導/三嶋浩二(NPO法人ドラマケーション普及センター理事長)
  • 日本の教育○○がスゴイ!
     学校運営の要は職員会議/担任学研究会
  • 家本先生の言葉に学ぶ教師学
     愛という字は心を受けて「ノ」をつけよ/重水健介(全国教育文化研究所・日本群読教育の会事務局長)
  • 教育を診る〜取材ノートから〜
     子どもの世界といじめ調査を考える/中西 茂(玉川大学教授・教育ジャーナリスト・元読売新聞編集委員)
  • 新任・若手へ贈る “せんせい通信”
     教員の採用/桐山 勉(兵庫県尼崎市立中学校教頭)
  • 生徒指導事件史
     少年非行(2)/嶋ア政男(神田外語大学客員教授)
  • 押さえておきたい教育ニュース
     日本語指導が必要な児童生徒/担任学研究会
  • 教師のためのマナー講座
     神輿の作法/柴崎直人(岐阜大学大学院教育学研究科准教授)
  • 若者文化事典/今 一生(フリーライター)
  • 10月のお話・今日の日にちなんで
  • 日本生徒指導学会 掲示板
     チーム学校とSC・SSWとの連携・協働/八並光俊(東京理科大学教授)
  • 生徒指導マンスリー情報
     「SNSを活用した相談体制の構築に関する当面の考え方(中間報告)」について/文部科学省初等中等教育局児童生徒課
  • 国研ニュースレター
     「高校中退調査報告書〜中退者と非中退者の比較から見えてきたもの〜」について/国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター
  • コピーして使えるイラスト
  • ブックマンション
     『悪い本』『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』『ちいさい言語学者の冒険 子どもに学ぶことばの秘密』
  • 次号予告&あとがき
       
 
 
→ [月刊生徒指導トップへ]