月刊プリンシパル
 
2018年9月号

●巻頭インタビュー:この人に聞く●
アクティブな学校組織をめざして・下/中原 淳
●特集●若手・中堅の人材育成
  • 人材育成待ったなし/石鍋 浩
  • 新学習指導要領の実施と働き方改革の中で、若手・中堅の人材育成を図るのはどうしたらよいか/鈴木明雄
  • 相当の経験を有する者の資質の向上/江川 登
  • 「さすが先生だ」と言われる人に/石橋昌雄
  • 教員が育つ学校をめざして/池田史明
 


月刊 A5判
定価799円(本体740円)

平成30年度 年間誌代11,704円
(税込、増刊2冊を含む)


●2018年8月号はこちら

 

【連載】
▼校長学コーナー▼
  • 企業に学ぶ学校マネジメント
    スターバックスの低迷と再生にみる、中核になにがあるか(2)/妹尾昌俊
  • これだけは知っておきたい教育法規の話
    「服務監督権者と勤務条件」〜業務改善に向けた勤務時間管理の徹底〜/加茂川幸夫
  • 校長の勇気
    ある校長の働きかけ/関根正明
  • 学校を動かす校長の言葉
    学校を動かす起点は朝の職員打合せにあり/田上富男
  • ジャーナリストの校長奮闘記
    私学と大手学習塾/野原 明
  • 校長のためのコミュニケーション・ストラテジーII
    校長の会話力で学校が活きる 事例V/吉田和夫
  • 知っておきたい教育行財政の話
    見直しが迫られるPTA運営/中村文夫
  • 新学習指導要領の導入・実践のキーポイント
    小学校英語導入を着実に進める/高階玲治
  • 副校長・教頭あ・い・う・え・お/副校長・教頭学研究会
    て 出会いを育んで出会いを力に変える
    と 動じない自信をつける
    な 泣きたい時は誰にもある
    に 逃げれば窮地に追い込まれる
  • 教育長歳時記
    意見を聴く。考えを述べる。誰もが気兼ねなく意見が言える職場風土づくり/白鳥秀幸
  • 小松郁夫の教育直言
    多文化社会とオリパラ教育/小松郁夫
▼今月の例話▼
  子どもに語る例話 [小学校向け]
「できない」ことを「できる」に変える/小髙美恵子
宇宙で、日本からの「はやぶさ2」が調査中/森 清隆
「あいさついっぱい 笑顔いっぱい 夢いっぱい 花いっぱい」の学校に/砂川靖夫
  子どもに語る例話 [中学校向け]
ふるさとに誇りを/加賀重仁
信頼・協力・団結〜京都御池が最も熱く燃えるとき〜/村田博哉
「自分病」から脱出しよう/柏木博之
  保護者に語る例話
テクノロジーで授業が変わる/小髙美恵子
防災対策は、地域での関係づくりから/森 清隆
  教師に語る例話
2学期は+αを積み上げる学び合いを/茂木 智
利他の行動を促し、自己選択・自己決定させる/柏木博之
▼学校講話関係コーナー▼
  • 学校経営に活かす座右の銘
    人皆美しい種あり 明日何が咲くか/熊谷登喜子
  • 学校を変える校内研究
    相互に授業を参観します/原 範幸
  • 今月の話の玉手箱
    「パブロフ」他/武笠和夫
  • この人に学ぶ
    アナ・エレノア・ルーズベルト 世界人権宣言の起草者/鈴木 茂
  • 教育徒然草
    11秒7/原田宏志
  • 心がほっとするちょっといい話/秋元定憲
    野球場でゴミを拾う応援団
    掃除区域を一人で掃除する先生
  • 校長講話・学校だより道場
    学校だよりで学校の普段の様子を紹介する/野口晃男
  • この人 この言葉 講話に生かせる現代の名言
    知性において、人間がチンパンジーに負ける部分がある。それは瞬間的な記憶能力。しかし、人間はそれを手放す代わりに、高い言語能力を獲得したのではないか、と考えている(「日本経済新聞」'18.4.29)松沢哲郎/五嶋靖弘
  • 格言飄々
    タイザン鳴動シテ鼠一匹/(解説)奥田継夫・(撮影)奥田 寛
  • 本の話・話の本
    『手を洗いすぎてはいけない 超清潔志向が人類を滅ぼす』『毎日読みたい 365日の広告コピー』『国会議員基礎テスト』/海老原信考
       
 
 
→ [月刊プリンシパルトップへ]