月刊プリンシパル
 
2017年11月号

●巻頭インタビュー:この人に聞く●
教員の「働き方改革」のゆくえは?・下/小川正人
●特集●新学習指導要領とICT教育
  • ICTの活用は、アクティブ・ラーニングを促進する/今田晃一
  • 新学習指導要領におけるプログラミング教育の考え方と実際/吉田和夫
  • 学校全体でプログラミング教育の実施に挑む!/松田 孝
  • プログラミング教育における外部との連携/川上 晋
  • マナーとルール/白井一之
  • リアルな時間を大切に/佃 千春
  • 教科の中で「プログラミング教育」をカリキュラム・マネジメント/古谷成司
 


月刊 A5判
定価734円(本体680円)

平成29年度 年間誌代10,924円
(税込、増刊2冊を含む)


●2017年10月号はこちら

 

【連載】
▼校長学コーナー▼
  • 企業に学ぶ学校マネジメント
    Googleに学ぶマネジャーの育て方と人を活かす経営術(1)/妹尾昌俊
  • 現場主義の校長になる知恵とワザ―きょうも元気で明るく悪戦苦闘を―
    日課表を考える/前田勝洋
  • 事例でやさしく学ぶ校長のリーガルマインド
    チーム学校の実現と法改正の動向―教職員の指導体制の充実と専門スタッフの参画―/山田知代
  • 校長の勇気
    「書いて見る」「やって見る」の「見る」が原点/関根正明
  • 学校管理職のための教育学
    学力試験とはそもそも何か(2)/平沢 茂
  • 新学習指導要領の導入・実践のキーポイント
    道徳教育をどう充実するか/高階玲治
  • 校長のためのコミュニケーション・ストラテジー
    校長の会話力で学校が変わる 事例VII/吉田和夫
  • 知っておきたい教育行財政の話
    教員養成の変容―道徳教育でのコアカリキュラムを事例として/中村文夫
  • 副校長・教頭を活かす、育てる
    非常時の上申書/櫻井靖久
  • 校長あ・い・う・え・お 50音でわかりやすく学ぶ校長学/校長学研究会
    ひ ピンチは常にチャンス
    ふ 振り子が止まった時、決断する
    へ 屁理屈より理屈で攻めよ
    ほ ホップ・ステップ・ジャンプ
  • 教育長歳時記
    毎日必ず校内を見て回ると、早急に学校経営の取り組むべきヒントが見つかる/白鳥秀幸
  • 小松郁夫の教育直言
    医者の不養生と教員の不身持ち?/小松郁夫
▼今月の例話▼
  子どもに語る例話 [小学校向け]
文化について考えましょう/中川愼一
学んだことを活かした、学習発表会にしよう/宮本信吾
読書の秋/加藤佳子
  子どもに語る例話 [中学校向け]
歌う姿が美しい/佃 千春
深まる秋、学問の秋、なぜ学ぶのか/川崎知己
動物の生き方と植物の生き方/吉本恭子
  保護者に語る例話
幸せの種をまこう/宮島 徹
  教師に語る例話
生徒に胸を貸す大人になろう/川崎知己
▼学校講話関係コーナー▼
  • 心がほっとするちょっといい話/秋元定憲
    夏休みが来ると思い出すこと
    吉田兼好のいう「よき友三つあり」
  • 学校経営に活かす座右の銘
    やって見せ 説いて聞かせて やらせてみ 讃(ほ)めてやらねば人は動かぬ やっている姿を感謝で見守って 信頼せねば人は実らず/鈴木明雄
  • 今月の話の玉手箱
    「武田信玄」他/武笠和夫
  • この人に学ぶ
    「危機管理の父」と呼ばれた男/鈴木 茂
  • 校長講話・学校だより道場
    危険な遊びを一律に禁止していては危険回避能力は育ちません/野口晃男
  • この人 この言葉
    皆が互いにハッピーな「ウイン・ウイン」は右肩上がりの時だけです。これからは、少しずつ不満を分け合う意味の「ルーズ・ルーズ」という生き方にシフトしないといけない。(「日本経済新聞」‘16.12.3)平川克美/五嶋靖弘
  • 格言飄々
    いろはにほへと/奥田継夫・(写真)奥田 寛
  • 本の話・話の本
    『広重TOKYO名所江戸百景』『つくおき 週末まとめて作り置きレシピ』『「男はつらいよ」を旅する』『定年後』/海老原信考
       
 
 
→ [月刊プリンシパルトップへ]