スマホ・ケータイ持ち込みの基本ルール

学校でのリスク・トラブルをどう防ぐか

竹内和雄 著
A5判 96ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-2683-0
小・中学校教師
2021年2月刊
これまで原則禁止だった小・中学校へのスマホ・携帯の持ち込みが中学校に限り解禁になった。想定されるトラブルについてケーススタディの形でわかりやすく解説。保護者も参考になる1冊。

目次

はじめに
PART1 携帯電話の持ち込みルールはこう変わる!
通知の趣旨を正しく読み解く
持ち込みが認められる条件とは
「なし崩し」にストップをかける
ルール見直しの契機は大阪北部地震
子供の主体性に委ねる
持ち込み容認の流れに歯止めはかけられない
「過渡期」だからこそ必要なこと
PART2 想定されるトラブル事例集
CASE1 生徒から「個人情報を見られた」との苦情が…
CASE2 生徒から「学校に預けているうちに壊れた」と言われた
CASE3 生徒が「携帯電話を盗まれた」と言ってきた
CASE4 授業中に生徒がこっそりスマホを使用
CASE5 保護者に「その指導、体罰だ!」と言われた
CASE6 歩きスマホによる事故が心配…
CASE7 スマホを持たない子が肩身の狭い思いを…
CASE8 子供がネット依存症にならないか心配
PART3 携帯電話に関わる学校・地域でのルールづくりの進め方
ルールづくりの基本的な考え方
STEP1 児童生徒へのヒアリング
STEP2 アンケート調査
STEP3 子供たちの意見を聞く
STEP4 ルールを共有する
STEP5 持ち込みの許可の出し方
PART4 家庭におけるルールづくり
必ず話し合ってルール設定を
ルール設定時のポイント
PART5 学校における管理・指導体制の整備
校内の管理体制の整備
指導体制の整備
PART6 こんな時どうする? トラブル対応Q&A
Q1 子供が「紛失した」「盗まれた」と言ってきました。どう対応すればよいでしょうか?
Q2 携帯電話が落とし物として届きました。どうすればよいでしょうか?
Q3 「学校に預けているうちに壊れた」と生徒に言われました。どう対応すればよいでしょうか?
Q4 通信機能が付いたゲーム機を持参し、「これも携帯電話」と言い張る生徒がいます。どう対応すればよいでしょうか?
Q5 携帯電話を校内で使用している生徒がいたので没収しました。返却は、どのような手順を踏めばよいでしょうか?
Q6 携帯電話の使用に関するルールについて、保護者から「納得がいかない」とクレームがあったら、どう対応すべきでしょうか?
Q7 教員の不適切指導がSNSにアップされた場合、どう対応すればよいでしょうか?
おわりに
学校における携帯電話の取扱い等について(通知)

→ [学事出版トップページへ]