日本国際教育学会紀要

「国際教育」第26号

日本国際教育学会 編
A5判 226ページ 定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-7619-2668-7
研究者,教師全般
2020年10月刊
国際教育の第一線の研究論文を収録した、日本国際教育学会の研究紀要。

目次

■研究論文
中国系第2世代の将来展望―大学進学後の経験に着目して―/劉 昊
エジプトにおけるアズハル系イスラーム女子学校の創設と展開/内田直義
スウェーデンにおける社会民主主義的キャリアガイダンスと学習社会―個人の生涯学習を促すキャリアガイダンスと専門家に求められる力―/森田佐知子
タイにおける仏教学校の役割―山岳少数民族の教育機会とエスニシティ―/植田啓嗣
中国土家族居住地における二言語教育政策が消滅危機言語の継承に果たす役割―湖南省湘西土家族苗族自治州の『試点学校』に焦点を当てて/程 薇嘉
■研究ノート
パラオ共和国の中等教育における社会科と使用教科書―とくに歴史教育と対日関係事項を中心に―/玉井 昇
■書評
前田耕司 著『オーストラリア先住民族の主体形成と大学開放』/岩ア正吾
■図書紹介
渡辺幸倫 編著『多文化社会の社会教育―公民館・図書館・博物館がつくる「安心の居場所」』/小林祐一
郭 潔蓉/森下一成/金塚 基『多文化社会を拓く』/蘇 佩怡
■第30回研究大会の記録
◇公開シンポジウムI「国際教育学の課題と方法を考える―ポストコロニアルの先住民族教育研究をふまえて―
〈司会者総括〉前田耕司
アラスカ先住民教育研究から見たアイヌ民族教育研究の課題―比較研究の限界とローカルな視点の重要性―/ジェフリー・ゲーマン
平取町でのアイヌ語学習の取り組みとアイヌ語公用語化への展望/関根健司
〈コメンテーター〉萱野志朗
◇公開シンポジウムII「仏教の国際化と教育」
〈司会者総括〉田中潤一
アメリカにおける仏教の現状と課題について―真宗教団を中心に―/マイケル・コンウェイ
肥沃な土壌を求めて―古くて新しい仏教の教授法・カリキュラム・教材―/ゼーン・ダイアモンド
仏教と教育/太田清史
◇課題研究「国際比較から見る教員の働き方改革」
〈司会者総括〉岩ア正吾
国際比較から見る教員の働き方改革―教員の働き方における日本の現状と問題―/岩ア正吾
アメリカ合衆国の教員の働き方と待遇/大谷 杏
国際比較から見る教員の働き方改革―教員の働き方におけるイギリスの現状と問題―/永田祥子
国際比較から見る教員の働き方改革―フィンランドにおける教員の働き方―/西村貴之
■日本国際教育学会関係記事
日本国際教育学会規則
日本国際教育学会紀要編集規程(日・英文)
日本国際教育学会投稿要領(日・英文)
日本国際教育学会役員一覧(第29〜30期)
編集後記
日本国際教育学会紀要編集委員会委員・幹事一覧

→ [学事出版トップページへ]