新版 学校心理学が変える新しい生徒指導

一人ひとりの援助ニーズに応じたサポートをめざして

山口豊一・石隈利紀 編
A5判 212ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-2639-7
教職課程学生,小・中・高校教師
生徒指導、教育相談・カウンセリング、特別支援教育、社会学、心理学など様々な分野から取り組まれてきた子どもをめぐる問題に、学校教育と心理学を融合・統合し、チームでサポートする「学校心理学」のアプローチで生徒指導が劇的に変わる!

目次

はじめに−みんなが資源 みんなで支援−
序章 学校教育サービスと学校心理学【石隈利紀】
1 はじめに
2 ヒューマン・サービスとしての学校教育
3 生徒指導と学校心理学
I 生徒指導の基本
第1章 生徒指導の意義と課題
1 児童生徒の現状
2 生徒指導の定義と意義
(1)生徒指導の定義
(2)生徒指導の機能
(3)生徒指導の二つの側面
(4)生徒指導のねらいと留意点
3 生徒指導の課題
4 生徒指導と教育相談
5 学校における教育相談
(1)学校における教育相談の意義
(2)学級担任による教育相談
(3)養護教諭が行う教育相談
コラム(1)不登校(登校拒否)
コラム(2)いじめ
第2章 学校における生徒指導の体制
1 生徒指導の全体計画・年間計画
2 生徒指導の組織
3 生徒指導主事の職務
4 生徒指導に関する研修の充実
コラム(3)スクールカウンセラー
II 生徒指導を支える学校心理学モデル
第3章 心理教育的援助サービスの内容
1 学校心理学に基づく学習面、心理・社会面、進路面、健康面の援助サービス
(1)学習面での援助サービス
(2)心理・社会面での援助サービス
(3)進路面での援助サービス
(4)健康面での援助サービス
2 子どもの発達課題・教育課題
(1)子どもの発達課題
(2)子どもの教育課題
3 子どもと環境の折り合い
(1)折り合いとは
(2)「子どもの学習スタイル・行動スタイル」と「教師の教授スタイル・学級や学校の要請行動」の折り合いに関する事例
第4章 心理教育的援助サービスの方法
1 三つのレべルの子どもへの援助サービス
2 一次的援助サービス・ニ次的援助サービス・三次的援助サービス
(1)一次的援助サービス
(2)二次的援助サービス
(3)三次的援助サービス
(4)生徒指導と三段階の援助サービス
3 アセスメント・カウンセリング・コンサルテーション
(1)アセスメント
(2)カウンセリング
(3)コンサルテーション
4 生徒指導におけるアセスメント・カウンセリング・コンサルテーション
(1)生徒指導におけるアセスメント
(2)生徒指導におけるカウンセリング
(3)生徒指導におけるコンサルテーション
5 集団指導の方法
コラム(4)暴力行為(校内暴力)
コラム(5)非行−「一人で居られる能力」と「withの精神」−
第5章 授業における学校心理学の視点を生かした生徒指導
1 児童生徒が求めるサポート
(1)子どもの自己実現の力=学ぶ力
(2)授業における教師の4種類のサポート
(3)4種類のサポートについてのまとめ
2 一人ひとりのニーズに応じる生徒指導
(1)生徒指導の中核としての授業
(2)学習面での一次的援助サービスの必要性
3 学習面で苦戦する子ども
4 一人ひとりの援助ニーズに応じる授業(小学校)
(1)授業のねらい
(2)実践事例(第6学年・特別活動)
(3)まとめ 一人ひとりに対応する授業
5 生きるカとしての学ぶカが身につく授業(中学校)
(1)授業のねらい
(2)実践事例(第2学年・数学)
(3)生きる力としての学ぶ力を育てる授業
6 人間関係能カを高める授業(高等学校)
(1)授業のねらい
(2)実践事例(第3学年・公民科「政治経済」)論題『夫婦別姓を認めるべきだ!』
(3)誰でもどこでも行える積極的生徒指導
コラム(6)マズローの欲求階層説
III 学校心理学が提案する新しい生徒指導
第6章 いじめの理解と対応【石川満佐育】
1 いじめ防止対策推進法
2 いじめの現状
3 いじめの特徴
(1)いじめの4層構造
(2)ネットいじめ
(3)被害者と加害者の流動性
4 いじめ問題への予防と対応
(1)いじめ防止対策推進法、国の各施策から
(2)学校心理学の視点から
コラム(7)ピア・カウンセリング
事例(1)「中学入学後、急に言葉遣いが乱暴になった娘」(中1・女子)
事例(2)「勉強で苦戦している息子」(小6・男子)
事例(3)「非行友達との交際を絶ち切れない息子」(高1・男子)
第7章 生徒指導における援助サービスの実際
1 チーム援助の理論
2 チーム援助の方法
3 チームによるプログラムづくり(一次的援助サービス)
(1)チームによるプログラムづくりとは
(2)チームでプログラムを作成する実践
4 チームによる早期対応(ニ次的援助サービス)
(1)チームによる早期対応とは
(2)二次的援助サービスのチーム援助の実際(中学校)
(3)SOSチェックリスト
5 チームによる大きな援助ニーズへの対応(三次的援助サービス)
(1)チームによる大きな援助ニーズへの対応とは
(2)三次的援助サービスのチーム援助の実際(中学校)
(3)三次的援助サービスのチームの援助のあり方
コラム(8)『桃太郎』に学ぶチーム援助
コラム(9)LD(SLD)・ADHD・ASD
コラム(10)虐待−児童自立支援施設入所の被虐待児童−
事例(4)「食事の量が極端に減り、やせてきて、不登校状態になった娘」(高2・女子)
第8章 コンサルテーションが支える生徒指導
1 コンサルテーションの基本的な考え方
(1)生徒指導におけるコンサルテーション
(2)学校教育におけるコンサルテーションの意義と種類
(3)コンサルタントとコンサルティの人間関係
(4)コンサルテーションの心得
2 生徒指導におけるコンサルテーションの実際
(1)生徒指導とコンサルテーション
(2)コンサルテーションの実際のプロセス
3 コンサルテーションにおける生徒指導主事の役割
(1)生徒指導についてのコンサルタント
(2)教師や保護者の研修会を担当する生徒指導主事
(3)心理教育的援助サービスのコーディネーター
4 関係機関との連携−チーム援助からネットワークへ
(1)関係機関との連携の必要性
(2)関係機関との連携の留意点
(3)関係機関一覧
コラム(11)体罰
事例(5)「友人ができないと訴え、登校できなくなってしまった娘」(高1・女子)
コラム(12)学校心理学が支える特別支援教育−イギリスの先進例から−
第9章 幼稚園・保育園での面接の進め方【鈴木由美】
1 保護者面接の意義とは
(1)保護者が落ち着きを取り戻すとは
(2)子どもの家での様子がつかめる
(3)保護者の子どもに対する考えが明らかになり、園での方針を伝えることができる
2 実際の面接の進め方
3 カウンセリング技法
4 認知行動療法を使った面接
(1)パーソナリティ理論
(2)基礎理論
第10章 保護者支援【沢崎真史】
1 はじめに
2 幼稚園教育要領・保育所保育指針にみる保護者支援
2 学校における保護者支援
4 それぞれの課題における保護者支援
(1)障害のある子どもの保護者への支援 障害受容専門機関につなぐまで
(2)不登校児を抱えた保護者への支援
(3)「虐待」が疑われる保護者への支援
(4)配慮を必要とする保護者への支援
(5)外部相談機関の利用に関する保護者支援
最終章 新たな生徒指導を求めて【石隈利紀】
1 新たな生徒指導とは
2 生徒指導のシステムと生徒指導主事の役割
3 生徒指導主事の役割
4 おわりに
引用・参考文献
さいごに−「チーム学校」でサポートする−

→ [学事出版トップページへ]