教育と法の狭間で

法的アドバイスをもとにした実際の生徒指導事例60

梅澤秀監・黒岩哲彦 著
B5判 128ページ 定価(本体2,000円+税)
ISBN978-4-7619-2598-7
小・中・高校教師,教育委員会指導主事
複雑化する学校問題について、法律の専門家のアドバイスを受けて、教員としてどのように考え、どう対処したらよいか、現場の教員の視点でまとめた。見開き構成で研修資料としても最適。

目次

はじめに
1 校則・生徒心得にかかわる問題
01 入学式に茶髪で登校した新入生に対する指導
02 変形した制服で登校した生徒に対する指導
03 校則制定権の法的根拠は何か
04 校則に規定のない懲戒はできないのか
05 頭髪指導と子どもの人権
2 懲戒・体罰と子どもの人権
06 所持品検査を行うことの是非
07 ゼロ・トレランス方式の生徒指導
08 指導の後に、生徒が自殺した(指導死)
09 教師が、校外で生徒の喫煙を見つけた
10 服装・頭髪違反の生徒を別室受験させた
11 親の了解のもと行った体罰の是非
12 部活動指導に伴う体罰
13 罰当番としての掃除は体罰に当たるか
14 授業中に騒ぐ生徒を、廊下に出して立たせた
15 問題行動の事実を内申書に記載した
16 学級閉鎖の基準をどうするか
17 日付なしの退学届の法的効力
18 内申書が悪くなるぞ
19 借りた本を返さない生徒の氏名を掲示した
20 誰のための学習権か
21 教師の何気ない言動が子どもを傷つける
3 児童・生徒の問題行動と暴力・非行
22 風俗店でアルバイト
23 校内で盗難が発生した
24 万引きしたお菓子を貰って食べた
25 指導に腹を立てた生徒が、壁を蹴って穴を開けた
26 公園の銅像と建物の壁にペンキで落書きをした
27 対教師暴力と正当防衛
28 対教師暴力で退学処分
29 発達障害をもつ生徒が暴力を振るった
30 暴力を振るった生徒に被害者の親が停学処分を求めた
31 生徒が万引きをして捕まった―少年法に基づく処遇と学校の対応法
32 家出、飲酒・喫煙を繰り返す生徒の指導
33 家裁から学校照会がきた
34 先輩からカンパを集めるように言われた
35 試験観察とは何か
4 いじめ・ネットトラブル・学校事故
36 いじめ自殺裁判から学ぶ
37 いじめの加害者はどのような罪に問われるのか
38 ネット上のトラブルにどう対応するか
39 ネット上の掲示板に悪口を書き込まれた
40 自転車交通事故の責任は
41 友人からもらったクッキーでアレルギーの発作
42 部活動中に生徒が熱中症で死亡
43 理科の実験中に生徒がやけどをした
44 自習時間中に生徒がけがをした
5 進級・留年・進路変更に関する規定
45 不登校生徒の高校進学問題
46 留年すると全科目再履修させることの是非
47 保健室登校を「出席扱い」にできるか
48 原級留置に関する内規の効力
49 退学処分に代えて退学勧告をした
50 子どもが家出をしたので、親が退学手続き
51 出席日数ゼロでも進級させて良いか
52 特別支援学級を勧めることの是非
6 政治的・宗教的活動
53 公立学校における宗教教育の限界
54 校内で布教活動を行った生徒の指導
55 高校生(18歳以上)の政治活動が認められた
56 信仰上の理由で武道の授業を拒否できるか
7 学校教育と著作権
57 定期考査の問題に大学入試問題を使う
58 文化祭で演劇を上演する
59 学級通信にアニメキャラクターを使った
60 学校の文化祭でレンタルビデオの映画を上映できるか

→ [学事出版トップページへ]