学校徴収金は絶対に減らせます。

年間1万円以上の保護者負担を削減した事務職員の実践ノウハウ

裄V靖明 著
A5判 144ページ 定価(本体1,700円+税)
ISBN978-4-7619-2597-0
学校事務職員,小・中学校管理職
学校徴収金を減らすためにはどのような実践が必要となるのかを明らかにし、だれもが実践できる方法を紹介。

目次

はじめに
序章 学校徴収金の存在と減額させる意義
事務職員は何をするべきか
第1部 学校財務実践をつかさどる
第1章 学校財務PDCAサイクルの確立
第2章 具体的なP-D-C-A実践をパッケージ化する
第2部 教育政策を活用した学校徴収金の減額方法
第1章 学校評価システムにのせた実践
第2章 学校運営協議会で費用負担のあり方を議論
第3部 各種学校徴収金の特徴と減額方法
第1章 補助教材(学年)費、学級費の減額実践
第2章 校外活動・部活動費、各種会費の減額実践
第4部 各種実践で使える資料集
第1章 学校財務PDCA実践
1.Plan(学校財務計画)
2.Plan(学校運営予算執行計画)
3.Do(執行状況提示)
4.Action(教職員・保護者アンケートの検証)
5.Check-Action(財務総括として「費用対効果検証」の報告)
第2章 学校財務評価PDCA実践
1.Planに対する評価(中間ヒアリング)
2.Doに対する評価(教材等費用対効果検証)
3.Checkに対する評価(学校関係者評価)
第3章 PDCAの土台(Base)
1.校内学校財務研修資料
2.市内初任者・若手向け研修会資料
3.家庭向け事務室だより
4.学校運営協議会におけるPDCA実践資料
終章 学校徴収金が撤廃された未来を考える
事務職員は何をするべきか
おわりに

→ [学事出版トップページへ]