中学校新学習指導要領のカリキュラム・マネジメント

スキルコードで深める中学校理科の授業モデル

大山光晴 編著
B5判 112ページ 定価(本体2,200円+税)
ISBN978-4-7619-2590-1
中学校教師
中学校理科において、「スキルコード」という視点で授業を捉え直すことによって、思考力が深まる新しい授業モデルを提案。新学習指導要領に対応した授業づくりの注目ポイントを解説。

目次

推薦のことば
はじめに
◇資質・能力の育成
◇資質・能力の可視化
◇21世紀に求められる知識
◇PDCAサイクル
◇スキルコードについて
◇学習ロードマップ
第1部 理科が目指す、これから求められる「資質・能力」の育成
I 理科の資質・能力
II 理科のスキルコードと資質・能力
III 理科の学習ロードマップ
IV スキルコードを利用した授業改善―発問による課題提示の工夫―
V パフォーマンス課題による資質・能力の評価
(1)簡易なパフォーマンス課題の例
(2)自由研究で発揮される資質・能力
(3)探究に向かうパフォーマンス課題の例
第2部 スキルコードで深める理科の授業モデル
■実施学年 1年
1 植物の体を観察する基本的な技能
(単元:植物の生活と種類)
2 自ら計画を立てて身近な生物を観察し、考察する力
(単元:身近な生物を観察しよう)
3 動物の分類について自ら学び、表現する力
(単元:動物のなかまと進化)
4 物質の分類についての思考力・判断力
(単元:物質の性質)
5 実験方法を見通しを持って立てる力
(単元:水溶液の性質)
6 溶液を分ける方法を理解して実験する力
(単元:物質の状態変化)
7 光の性質を科学的な視点で考える力
(単元:光の性質)
8 火山の違いについて仮説を立てて確かめる力
(単元:火山〜火を噴く大地〜)
■実施学年 2年
9 生命の多様性と共通性を細胞レベルで理解する力
(単元:生物のからだと細胞)
10 腎臓のはたらきを疑問から考える力
(単元:不要物の排出はどのように行われるか)
11 反応時間について、実験を計画して確かめる力
(単元:行動するしくみ)
12 理論値と実験値のずれの原因を考える力
(単元:化学変化と原子分子)
13 物質の性質の違いを確かめて化学変化を理解する力
(単元:いろいろな化学変化)
14 現象を説明する妥当な考え方を作り出す力
(単元:電磁誘導と発電)
15 大気圧を理解して様々な現象を説明できる力
(単元:水中や大気中ではどのような力がはたらくか)
■実施学年 3年
16 理論を検証する力と実験を設定する力
(単元:遺伝の規則性をしらべよう)
17 中和を確認する方策を考える力
(単元:酸・アルカリとイオン)
18 予想や仮説を発想する力
(単元:力と運動)
19 天体の位置関係や運動を俯瞰する視点から考える力
(単元:月の満ち欠け)
20 さまざまな学習内容を結び付けて考える力
(単元:太陽系と宇宙の広がり)
21 理科の学びを生活の中で活用する力
(単元:自然・科学技術と人間)
おわりに
執筆者一覧

→ [学事出版トップページへ]