子どもを救ういじめが終わる方程式

品田奈美 著
四六判 160ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2585-7
教師全般,保護者
子どもの内面に存在する自己否定の感情を消し去ることで、いじめをこの世からなくす、存在できなくすることを目的に組み立てられた「いじめが終わる方程式」を解説。

目次

はじめに
PART1 「いじめが終わる方程式」で笑顔を取り戻した長女
「ママ!私をゴミ屋さんに捨てちゃって」
父親から虐待を受けていた幼少期の私
夫との出会い、DV、逃亡……
新しい思考様式との出会い
長女に対するいじめの解消
夫との再会、3度目の結婚
この世界から「いじめ」をなくすことはできる
PART2 「いじめ」が生まれるメカニズム
「いじめ」は世の中の至る所にある
いじめ問題は「いじめっ子」側だけの問題ではない
いじめる理由、いじめられる理由
「長所」が伸びれば「短所」も伸びる
全てのものは「対」になって存在している
「自己中心的な人」と「他者中心的な人」は本質的に同じ
思考パターンは、何世代にもわたって連鎖する
人間は一部分しか見ることができない
目に見えているものは全て「反転」している
世の中に「完璧な人間」など存在できない
いじめが終わる瞬間とは
コラム 「精神疾患」を疑う前に「栄養欠損」を疑おう!
PART3 「いじめ」を終わらせる授業
●いじめ防止プログラム「自分発見テクノロジー(いじめが終わる方程式)」
■「自分発見テクノロジー(いじめが終わる方程式)」小学校高学年向け授業
STEP1 「生まれる(生命)」という仕組みを知る
STEP2 「見る」という仕組みを知る
STEP3 「比べる」という仕組みを知る
STEP4 「感じる」という仕組みを知る
まとめ 人間の本当の姿とは
授業を受けた子ども達の感想
PART4 「いじめ」を生み出す学校教育の課題
いじめ問題をめぐる国の対応
いじめは一向に減っていない
「長所を伸ばそう」とする道徳教育の問題
子どもを苦しめる「見ている人も同罪」の指導
自己肯定感を「高めましょう」の弊害
学校教員と「いじめ」の意外な関係性
PART5 「いじめが終わる方程式」を実践した先生達
CASE1 生徒との関係性が劇的に変わった―石川友里恵先生
CASE2 自殺した生徒への思いを胸に―庄司正巳さん
CASE3 パワハラの正体を理解した瞬間―宮本竜介先生
CASE4 子どもに映し出されていたものとは―瀧田敦子先生
おわりに

→ [学事出版トップページへ]