コミュニケーションがうまくとれる校長、とれない校長

教職員、児童・生徒、保護者・地域、教育委員会等と上手につきあう方法

吉田和夫 著
四六判 192ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2579-6
小・中・高校管理職
教職員や児童・生徒、保護者や地域に校長の教育理念を伝え浸透させ、めざす学校づくりを実現するためには、コミュニケーション力が最も重要。具体的な事例を取り上げ、コミュニケーション力を高める基本的な考え方や方策を示す。

目次

はじめに
第1章 なぜいまコミュニケーション力が大事なのか
学校経営を左右する校長のコミュニケーション力
社会でも一層重視されるコミュニケーション力
コミュニケーション・ストラテジーとは何か
第2章 教職員とのコミュニケーションがうまくいく方法
1 職員室の雰囲気が悪い
【事例1】やる気のないベテラン教員
責任は管理職にある
2 明るい職員室が生き生きとした児童・生徒を育む
【事例2】現任校に不満をもつ教諭
明るく・楽しく・前向きな職場づくり
児童・生徒への悪影響
より早期対応が必要だった
人間は変化する
3 校長の言葉かけと教員の指導
【事例3】地域同士の反目が生徒に影響
言葉はコミュニケーションの基本
立場とスタンスの違いの明確化
4 チーム学校を目指して
【事例4】教職員や児童・生徒とうまくいかないスクールカウンセラー
様々な専門性をもった人との協働
みんな違ってみんないい?
ベクトルの一致を図るために
ほめることより認めることを
5 チーム学校とは言うけれど
【事例5】自分のやり方を押し通す事務主事
どうせ働くなら、雰囲気の良い場所に
校長は何のためにいるのか
校長は何をやるべきか
人を育てる組織としての学校
6 教職員間での立場の違いが生む意見対立
【事例6】学校司書と国語科教諭の対立
多様な働き方が混在する学校現場
顧問は教員にしかなれないのだが……
経営者がベクトルを明確に示す
日々の課題を乗り越え、成長する学校
7 多忙な教師をおそう「うつ病」への対応
【事例7】前任校での「うつ」を知らされず転任
ますます多忙化する学校の陰で
双方向的な対話による課題解決
児童・生徒のために、直言をあえて語る
第3章 児童・生徒とのコミュニケーションがうまくいく方法
1 児童会・生徒会・委員会役員などとの対話
【事例8】生徒の自主性・自律性を生かした学校づくり
いかに児童・生徒のやる気を引き出すか
児童・生徒へのエンパワーメントの強化
キャリア教育とライフ・マネジメント教育
2 不登校やいじめ被害の児童・生徒への対応
【事例9】いじめが原因の不登校
全校的な対応が必要
各層によるプロジェクト型の対応
各層に共通する「戦略」(ストラテジー)
3 課題のある児童・生徒への対応
【事例10】次第に欠席が増えていく生徒
暴力やいじめなどへの対応
背後の関係性に着目した対応
児童・生徒の支援と保護者、そしてSNS
長期的な見通しを含む人間関係の改善
4 特別な支援を要する児童・生徒への対応
【事例11】介助が必要な2人の児童
一人ひとりのニーズに合わせた対応
人間関係を最重視した対応
人間関係を豊かにする校長のベクトル
双方向による人間関係の深化
5 うつ病の可能性がある児童・生徒への対応
【事例12】落ち込むことが多くなった児童
認識が遅れている
背後の関係性に着目した対応
うつ(病)の症状や原因
うつ(病)への対応と治療
長期的な見通しを含む人間関係の改善
第4章 保護者・地域とのコミュニケーションがうまくいく方法
1 学校への不信・不満をもつ保護者への対応
【事例13】担任に対する保護者の不満
価値観の共有が必要
公共的サービスとしての学校の役割
教師の指導性とアクティブ・ラーニングとの関連
2 クレームの多い保護者への対応
【事例14】クレーマーと言われる保護者の背景
なぜクレーマーになるのか
「主訴」を見間違う可能性
保護者の本当の要求を引き出す
学校の変革に向かって
人との出会いが人生を変える
3 PTAなど学校支援組織の保護者への対応
【事例15】行き詰まるPTA運営
PTAの役割
上部団体との関係の見直しと単PTAの在り方
単PTAの在り方に関する校長・副校長の助言
4 学校運営協議会委員など地域の方への対応
【事例16】コミュニケーションに問題がある教頭
社会に開かれた学校のために
教頭(副校長)の仕事とコミュニケーション力
教頭(副校長)としての気配り・配慮
敵を作らず、味方を増やす戦略の指導
5 課題のある地域住民への対応
【事例17】騒音被害を訴える学校近隣住民
地域からのクレームに対する対応
相手の話を冷静に聞くための準備
チーム学校としての対応
不当な要求には毅然とした態度で
第5章 教育委員会・関係諸機関とのコミュニケーションがうまくいく方法
1 学校行事に関する教育委員会との調整
【事例18】創立周年行事をめぐる学校と教育委員会の対立
周年行事を計画したものの……
建前と現実の溝
学校の取組から地域の取組への発想転換
地域に開かれた学校行事
2 人員配置に関する教育委員会との対応
【事例19】人事異動の影響
異動の影響
校長は状況を正確に把握しているか
目的達成のための方向性
校長のリーダーシップ・コミュニケーション
3 教育委員会担当指導主事及び担当者への対応
【事例20】教育委員会との対応に問題がある教頭
学校と教育委員会の橋渡し役
ネットワーク(関係性)マネジメントの必要性
戦略的対応に基づく教育委員会対応
ネットワークの強化という戦略
4 教育委員会指導課(室)以外の関係者への対応
【事例21】プライベートで議員に話した内容が公に
教育現場の実践経験がない人たち
フォーマルとインフォーマルのネットワークの違いとつながり
戦略的対応に基づく話し方と対応
負のネットワークへの対応戦略
5 関係諸機関との対応
【事例22】図書館とのタイアップのつもりが……
社会に開かれた教育課程のために
学校と図書館の認識のズレ
学校教育と生涯学習の協働に向けて
立場や役割を共有する者同士の話し合い

→ [学事出版トップページへ]