図説・例解 生徒指導史

少年非行・いじめ・不登校等の歴史から学ぶ生徒指導

嶋﨑政男 著
A5判 176ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2562-8
小・中・高校教師,教育委員会指導主事
青少年の問題行動・事件から生徒指導の歴史を解説。豊富な資料をもとに問題行動の系譜が、当時の社会状況・世論がわかる。過去の事案に学び、新たな知見を得ることで、問題行動等の未然防止や適切な対応に役立つ一冊。

目次

はじめに
第1章 学校荒廃(校内における暴力行為)
1節 学校荒廃の系譜
2節 高等学校の高校紛争
3節 校内暴力
4節 小学校の学級崩壊
第2章 少年殺人
1節 少年殺人の系譜
2節 「個人特性」を主要因とする事件
3節 「家庭問題」を主要因とする事件
4節 「環境問題」を主要因とする事件
第3章 少年非行
1節 少年非行の系譜
2節 性非行
3節 薬物非行・集団非行
4節 少年の再非行・再犯
第4章 いじめ問題
1節 いじめ問題の系譜
2節 いじめ問題の社会問題化
3節 いじめ問題と「法化社会」
4節 重大事態・第三者委員会
第5章 不登校問題
1節 不登校問題の系譜
2節 平準期から増加期へ
3節 不登校観の大転換〜「急増期」から「高原期」
4節 「再増期」を迎えた不登校問題の行方
第6章 安全問題
1節 通学路での事故・事件
2節 拉致・略取・監禁事件
3節 校内侵入事件
4節 学校事故・学校防災
第7章 家庭問題
1節 家庭内暴力
2節 児童虐待
3節 クレーム問題
4節 家庭問題と家庭支援
第8章 教師問題
1節 体罰問題
2節 指導死問題
3節 校則指導
4節 部活動指導
第9章 その他の問題
1節 自殺問題
2節 高校中退
3節 ひきこもり問題
4節 SNS問題
第10章 学校教育相談史〜生徒指導と教育相談
■資料編
1 基本統計 小学校の学校数、在籍者数、教職員数
2 基本統計 中学校の学校数、在籍者数、教職員数
3 基本統計 高等学校の学校数、在籍者数、教職員数
4 基本統計 特別支援学校の学校数、在籍者数、教職員数
5 基本統計 盲学校の学校数、在籍者数、教職員数
6 基本統計 聾学校の学校数、在籍者数、教職員数
7 基本統計 養護学校の学校数、在籍者数、教職員数
8 小中高いじめ認知(発生)件数
9 小・中・高不登校者数(登校拒否)・自殺者数・高校中退
10 刑法犯少年(14〜19歳)千人比・少年殺人数・再非行率
11 罪種別刑法犯少年(14〜19歳)千人比(薬物・性非行・暴走族関連事件)
12 警察が把握した校内暴力事件の推移
13 警察が把握した対教師暴力事件の推移
14 児童相談所への虐待相談数・家庭内暴力把握数/警察が把握した家庭内暴力把握数
15 公立校教員の体罰懲戒・精神疾患休職者
16 その他(出席停止・子どもの貧困・SNS事件・ポルノ事件等)
17 少年問題・生徒指導上の問題と社会の動向
おわりに

→ [学事出版トップページへ]