単元指導計画&学習指導案で学ぶ 教育実習のよりよい授業づくり

明星大学教職センター 編
B5判 112ページ 定価(本体1,200円+税)
ISBN978-4-7619-2549-9
教職課程学生
これから教育実習に臨む学生に向けて、知っておくべき基礎知識や「よりよい授業づくり」を目指した学習指導案・単元指導計画作成を自学自習できるように編集された教科書。

目次

PART 1 教育実習の基礎知識
01 教育実習は何のためにするのか
02 教育実習に関する法的根拠
03 実習校はどのようにして決まるのか
■参考資料 教育職員免許法施行規則に定められた教職に関する科目
PART 2 教育実習生が知っておくべき今どきの学校事情
01 学校という職場・機関―法的位置付け・教員の役職と校務分掌、学級編制基準など―
02 学校の1年と教育実習―行事と年間の教育課程―
03 今どきの学校が抱える課題1 学習指導編―知識・技能の活用力・AI時代の到来―
04 今どきの学校が抱える課題2 生活指導編―いじめ、不登校、学級崩壊など―
05 今どきの学校が抱える課題3 多様性への対応―多国籍化、特別支援教育―
06 新しい学習指導要領への対応―実施のスケジュールと改訂のポイント―
07 教師に求められる資質能力―教師の役割と新しい時代の教師―
08 押さえておきたい「教員育成指標」
PART 3 教育実習期間中の過ごし方
01 教育実習生が持つべき心構え―身だしなみ、挨拶、礼儀など―
02 教育実習期間中の基本的な流れ―2〜4週間のスケジュール―
03 授業見学における心構え―着目すべき点やメモの取り方―
04 学級経営における心構え―児童生徒とどのように関わるか―
05 教育実習中によく起こるトラブルと対応―信頼を失わないために―
■授業参観(観察)カード
■学級経営案の例
PART 4 成功する教育実習の授業づくり
01 年間指導計画を理解する―授業づくりの土台を築く―
02 授業づくりの流れ―学習意欲を高める授業づくり―
03 「主体的・対話的で深い学び」を実現する
PART 5 プロ教師に学ぶ「学習指導案」の作り方
01 学習指導案とは―役割・概要・形式
02 学習指導案の作り方―具体的手順と留意点―
03 単元指導計画とは―一般的な形式・フォーマット―
04 学習指導案における評価―「4観点」から「3観点」へ―
   単元指導計画1 小学校・国語
   単元指導計画2 中学校・数学
   単元指導計画3 高等学校・保健
   単元指導計画4 特別支援学級・国語
   学習指導案1 小学校・国語(細案)
   学習指導案2 小学校・理科(細案)
   学習指導案3 中学校・音楽(細案)
   学習指導案4 中学校・数学(細案)
   学習指導案5 中学校・社会(細案)
   学習指導案6 中学校・保健体育(細案)
   学習指導案7 高等学校・保健体育(細案)
   学習指導案8 特別支援学校・算数(細案)
   学習指導案9 小学校・算数(本事案・略案)
   学習指導案10 中学校・社会(本事案・略案)
■特別支援学校・特別支援学級等に係る学習指導案
■学習指導案作成に係る教育情報

→ [学事出版トップページへ]