『生徒指導提要』の現在(いま)を確認する理解する

中村 豊 編著
B5判 128ページ 定価(本体1,900円+税)
ISBN978-4-7619-2547-5
小・中・高校教師,教育委員会指導主事
公表後10年が経過した『生徒指導提要』の内容をあらためて確認・点検し、法改正や制度の変更に基づく新たな生徒指導の考え方や施策等について解説。学習指導と生徒指導との関連をはじめ、部活動、防災教育、情報教育等、今日的な教育課題にかかわる内容を充実させた。

目次

はじめに
第1章 学習指導要領と生徒指導―総則、道徳、特別活動などとの関連に着目して―
はじめに
『生徒指導提要』
これからの学習指導要領と生徒指導
おわりに
第2章 道徳教育・総合・特別活動
■道徳教育
道徳の教科化
道徳教育推進教師
高等学校における道徳教育
幼児期の終わりまでに育ってほしい姿
■教科外教育(総合的な学習の時間・特別活動)
総合的な学習の時間
特別活動
第3章 部活動
■部活動改革に係る教育政策の変遷
変容する部活動の在り方
体罰と部活動改革
教師の長時間労働と部活動改革
持続可能な部活動に向けて
■教育的意義の再考
過渡期にある部活動
これからの学校教育に求められる資質・能力と生徒指導
部活動を通して形成される資質・能力
持続可能な部活動の在り方
第4章 児童生徒理解の資料収集と評価
■資料とその収集
資料収集の目的
収集する資料の種類、内容
資料を収集する際の注意点
■生徒指導の評価
生徒指導の評価の位置づけと目的
評価する生徒指導の内容の変化
評価の方法
第5章 育てる教育相談
「育てる教育相談」とは
第三期教育振興基本計画
平成29・30年度学習指導要領
今後の展望:「社会的リテラシーの涵養」
第6章 安全教育・防災教育
学校安全の位置づけ
安全教育の目標
学校安全に関する刊行物
安全教育の取組
安全教育の課題
安全教育と防災教育
防災教育のねらい
防災教育の必要性
全国的な防災教育の取組
防災教育の進め方
防災教育の課題
第7章 特別支援教育と虐待
■特別支援教育
生徒指導と特別支援教育
小・中学校等での特別支援教育
学校教育における障害種
疾患名と障害種の違い
障害者基本法等と合理的配慮
障害者の権利に関する条約
ダイバーシティ教育の視点
■虐待
家庭を支える
岸和田中学生虐待事件
組織的対応と児童相談所等への通告
児童虐待への取組
児童虐待のリスク要因
障害のある子どもと保護者への支援強化
虐待への対応に当たって
第8章 非行・暴力行為
少年非行への対応の基本
少年非行の定義
非行少年の処遇について
少年法の改正
少年院法改正・少年鑑別所法の新設
年齢引き下げ議論
暴力行為の定義
暴力行為の低年齢化と懲戒
暴力行為への対応
暴力行為の予防について
家庭・学校・地域の連携
第9章 いじめ
いじめ対策のこれまでの経緯
「いじめ防止対策推進法」の成立
いじめに対する方針の作成
具体的な方針内容について
いじめの重大事態の調査に関するガイドラインの策定
ガイドラインの具体的内容
対応の順序の明確化
第10章 情報化社会の進展と子どもたちのインターネット利用
皆が情報化社会の中でよりよく生きるために
『生徒指導提要』以降の情報化社会と向き合う
インターネット利用環境の変化
社会の変化に目を向ける
情報発信の功罪への着目
多様なSNSの普及と自己呈示戦略
誰に向けて情報を発信しているのか?
子どもたちの生活時間の懸念を問い直す
情報活用の時代の生徒指導に向けて
第11章 自殺の防止
児童生徒の自殺の状況と国の施策の動向
児童生徒の自殺の背景にあるもの
自殺予防教育の方向性と課題
第12章 不登校
不登校の定義
不登校の現状
不登校の何が問題なのか
増え続ける不登校への対応
不登校の予防活動
第13章 個別の課題への指導
■高校中退
高等学校中途退学者の現状
中途退学防止に向けた支援
中途退学者のその後に向けた支援
■性にかかわる問題
性にかかわる問題の現状と課題
性にかかわる問題行動や性的被害の防止とその対応
第14章 睡眠
睡眠に対する認識の変化
睡眠覚醒リズム
睡眠の発達的変化
児童・生徒の睡眠実態
睡眠負債がもたらす弊害
睡眠改善の対策
おわりに
プロフィール

→ [学事出版トップページへ]