中学生が哲学・対話するキャリア教育

1つの問いについてとことん考える3年間

赤荻千恵子 著
A5判 128ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2533-8
中学校教師
公立中学校で行われた「奇跡」の取組み。1つの「問い」について、生徒が3年間自分の言葉で深く考え、「対話」を続けたプロジェクトの取組みと成果をまとめた。

目次

まえがき
序章 卒業生が語る「ほんものの私になる」といまの自分
・結城怜太さん(大学1年生)
・新井風花さん(高校2年生)
第1章 中学生が哲学・対話するキャリア教育とは?
・本校のキャリア教育が目指したもの
・なぜ、「ほんものの私になる」というテーマにしたのか?
第2章 哲学・対話するキャリア教育の仕組みと仕掛け
・なぜ、中学生に「対話」が必要なのか?
・いつ、どこで、だれと対話するのか?
・どのように対話するのか?
・教科での取組み
・キャリア教育を補強する「読後交流会」
第3章 「ほんものの私になる」に関連する取組み
・「立春式」
 ★生徒作文「『大人になる』とはどういうことか」
         「どんな大人になりたいか」
・「『ほんものの私になる』について語る会」
 ★生徒発言「『ほんものの私になる』とはどういうことか」
         「『ほんものの私になる』について語る会」に参加して
・「私の提言」(在校生へのメッセージ)
 ★生徒作文「私の提言」
第4章 ポートフォリオに見る生徒の変化
・ポートフォリオとは
 ★ポートフォリオ1 自信への気づき
 ★ポートフォリオ2 自分を受け入れる
 ★ポートフォリオ3 自分と向き合う
 ★ポートフォリオ4 他者を受け入れる
 ★ポートフォリオ5 自己有用感の獲得
第5章 哲学・対話するキャリア教育の成果と課題
・「ほんものの私になる」を掲げたキャリア教育の成果
・哲学・対話するキャリア教育実践上のQ&A
〈教員座談会〉
「哲学・対話するキャリア教育」に携わった教員たちによる座談会
あとがき
コラム1 「ほんものの私になる」のある学校風景
コラム2 ゲスト講師からのメッセージ
コラム3 「語る会」前日の雰囲気
コラム4 保護者や地域も参加した合同討論会
コラム5 学年による違い〜アンケート結果から〜

→ [学事出版トップページへ]