「なぜ?」からはじめる生徒指導シリーズ

なぜ指導がうまくいかないのか

これまでの生徒指導の「考え方」を見直す

吉田 順 責任編集
四六判 128ページ 定価(本体1,200円+税)
ISBN978-4-7619-2532-1
小・中・高校教師,教職課程学生
子どもが荒れる理由や背景を知って指導してもうまくいかないことがあります。それは指導する教師の対応に問題があるから。どんな問題があるのか、わかりやすく解説します。

目次

刊行にあたって
はじめに〜指導がうまくいかないのは理由がある〜
第1章 なぜ「いじめ問題」はなくならないか 「いじめ」と「苦痛」を切り離すための歴史社会学的考察…北澤 毅
いじめ問題解消法―自殺の原因とは何か
「いじめ」問題とは何か―「いじめをなくせ」という主張の意図せざる結果
「いじめ問題」成立前夜の子どもの自殺
「いじめ問題」の成立―転換点としての水戸市中学生自殺事件
「いじめ問題」からの解放を求めて
第2章 なぜ「いじめ対応の力」ではなく、「生徒指導の力」が必要なのか…吉田 順
1 いま学校現場で困っていること
2 「いじめだとは思わなかった」
3 「いじめと認識できたか」が問題なのか
4 「いじめ」に対応する独自の「指導過程」というものはない
5 法律を守ると本当は混乱する
6 「加害者」を前提にするといじめの対応は始められない
7 「いじめ指導」は普段の生徒指導そのもの
第3章 なぜ「チーム学校」なのか
1 「チーム学校」のための「生徒指導体制」の確立…吉田 順
「生徒指導体制の確立」とは?
生徒指導のPDCAは生徒指導部が中心
情報の集まる生徒指導部にする
他の先生を援助する生徒指導部にする
2 MFCチームワーク指導のすすめ…寺崎賢一
マザー教師とは
ファザー教師とは
チャイルド教師とは
MFCチームワーク指導の留意点
3 「チーム学校」のかなめとしての管理職…滝澤雅彦
手渡された『教頭セット』
『教頭セット』で始まる教頭の1日
情報を共有するとは
管理職とは何か
第4章 なぜ「教育相談」は生徒指導に混乱を招いたか…嶋ア政男
「偽りの教育相談」を生み出した背景
生徒指導における教育相談のあゆみ
学校教育相談の現状と課題
生徒指導と教育相談の共通性
生徒指導と教育相談の基本姿勢1
生徒指導と教育相談の基本姿勢2
生徒指導と教育相談の基本姿勢3
生徒指導に活かす教育相談の「心」「技」
教育相談の課題と限界
第5章 なぜ「法的対応」と「懲戒制度」の確立が必要か
1.警察との連携から考える法的対応…瀬田川 聡
文部科学省も言っている警察との連携
生徒指導担当に求められていること
警察との連携はどうなっているか
判断に迷う「指導の限界」とは何か
事例の検証
まとめ
2.懲戒制度の確立が問われている…片山紀子
わが国の生徒懲戒制度は未整備
わが国の生徒懲戒制度とは
アメリカの生徒指導
問題行動への対応
規則と違反に対する懲戒は事前に周知
警官や警備員
懲戒で生じた問題点
わが国でも懲戒制度の確立を

→ [学事出版トップページへ]