新学習指導要領を推進する学校マネジメント

スクールリーダーが取り組むべき8つの重要課題

現代学校経営研究会 著
B5判 120ページ 定価(本体2,300円+税)
ISBN978-4-7619-2522-2
小・中学校管理職
新学習指導要領について、1.新学習指導要領の目指すもの、2.学校経営案作成、3.カリキュラム・マネジメント、4.「現代的な教育課題」対応のヒント、5.人材育成、6.PDCA、7.危機管理、8.保護者・地域の理解と協力の8つの面から学校づくりの考え方と方法をまとめた。

目次

はじめに
第1章 新学習指導要領が目指すもの
1 新学習指導要領の理念
(1)新学習指導要領のキーワード
(2)教育基本法と学校教育法との関係
(3)新学習指導要領における「総則」のポイント
2 学校の教育目標の設定
3 実践につなげる「教育目標の構造化」
(1)教育目標と実現した児童生徒の姿
(2)教育目標と学年目標・学級目標との関連
第2章 新学習指導要領を具体化する「学校経営案」の作成
1 学校経営の基本方針
2 目指す学校像と基本方針を明確にした「学校経営案」
◆2020年度T区立N小学校の学校経営案(例)
3 学校経営案を具体化するための「隠し味」
第3章 新学習指導要領を実現するカリキュラム・マネジメント
1 チーム学校としての指導体制の確立
2 「社会に開かれた教育課程」と「カリキュラム・マネジメント」
3 チーム学校としての教育課程の編成
4 移行措置の実施
5 授業時数確保と時間割編成
6 教育課程の評価と活用
(1)教育課程の評価の在り方
(2)教育課程の評価の重点
(3)学校評価(自己評価)の効果的な進め方
(4)保護者や地域住民の協力を得るための取組
7 地域に根差した教育
第4章 「現代的な教育課題」への対応へのヒント
1 学校に押し寄せる「現代的諸課題」
2 資質・能力の3つの柱
3 主体的・対話的で深い学び(≒AL)
4 小学校外国語活動・外国語科の指導
5 道徳科の指導と評価
6 いじめ・不登校・問題行動
7 子供の貧困
8 インクルーシブ教育
9 主権者教育
10 情報活用能力(含む情報モラル)
11 プログラミング教育
12 グローバル人材
13 学習評価
14 ESD(持続発展教育)
15 UD(ユニバーサルデザイン)
16 キャリア教育
17 言語能力の育成
18 スタートカリキュラム
19 働き方改革
20 Society5.0の時代
第5章 人材育成
1 校長の学校経営の基本方針の周知
2 教育情報の提供
3 ウロウロ経営
4 教職員とのコミュニケーション
5 チーム学校を実現する人材育成
6 子供にとって好ましい教師像
7 全教職員が参画・参加するチーム学校
8 校内研究へのリーダーシップ及び運営と共有化
9 「自己申告書」の適切な実施と活用
10 校長の自己研修・研究
第6章 学校運営のPDCA
1 簡潔・簡便なPDCA
2 目標実現のPDCA
3 PDCAサイクルの大小
4 無理のないCAの実施
第7章 学校の危機管理
1 学校の危機管理
(1)学校の危機管理の3つの視点
(2)学校の危機管理の概要
2 学校の危機管理10のポイント
3 学級などの危機管理
第8章 保護者や地域住民の理解と協力
1 保護者・地域住民との関係づくりのポイント
2 理解・協力関係の事例
3 学校を開く
4 コミュニティ・スクールの運営

→ [学事出版トップページへ]