「違い」がわかる生徒指導

担任・学年主任・生徒指導担当者・管理職・教育委員会指導主事、それぞれの役割

滝澤雅彦・藤平 敦・吉田 順 著
B5判 96ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2520-8
小・中・高校教師,教育委員会指導主事
校内で問題が起きると、担任だけでなく学年主任や生徒指導担当者、管理職など多くの教師がかかわり、教育委員会の指導主事がかかわることもある。生徒指導におけるそれぞれの対応、体制、根拠となる通知(法令)を解説。役割の違いを知ることで「チーム学校」につなげることができ、研修資料としても活用できる一冊。

目次

はじめに
第1部 よくある生徒指導上の問題をどう考えどう対応するか
教諭・管理職・教育委員会指導主事
01 「嫌がらせ」や「いざこざ」が多い―その対応はどうすべきか―
02 「いじめ」なのか、ただの「トラブル」なのか―判断がつきにくい場合の指導―
03 金品を取られたり暴力を受けたりした―重大な被害を受けた場合の対応―
04 SNS・ネット上のトラブルがある―学校としてどう対応するか―
05 服装・頭髪などに関する校則をどうするか―その考え方―
06 対教師暴力が起きた―その後どうするか―
07 授業に出ないで校内を徘徊する生徒がいる―どう対応したらいいか―
08 不登校の兆しが見られる―そのとき担任はどうする―
09 全く登校できなくなった生徒がいる―担任としてどう支援するか―
10 特別な支援が必要な子がいる―担任はどうする―
11 外国籍の子どもがいる―どう支援するか―
12 LGBTの子どもがいるようだ―どう支援するか―
13 保護者への対応が苦手で困っている―対応のコツ―
14 生徒指導体制を確立するには何が大切か
第2部 よくある困った問題をどう考えるか
担任・学年主任・生徒指導担当者
01 毎時間のように授業に遅刻して来る子をどう指導するか
02 いろいろな理由をつけて保健室に行きたがる子をどう指導するか
03 保健室が一部生徒の溜まり場のようになってきたがどう指導するか
04 授業中に妨害行為をする子をどう指導するか
05 教師に対する暴言をどう指導するか
06 トイレのいたずら、落書きなどの破損行為をどう指導するか
07 仲間はずれになりがちな子をどう指導するか
08 教室がすぐに汚くなるがどう指導するか
09 他人に嫌がる行為を頻繁にする子をどう指導するか
10 人間関係のトラブルの多い子をどう指導するか
11 集会を開いても整列に時間がかかり、私語が多くどう指導するか
12 どんな情報を共有し報告すればいいのか
13 荒れている子の保護者とどのようにして信頼関係をつくるのか
14 生徒指導をどうやって学ぶのか

→ [学事出版トップページへ]