子どもの幸せを実現する学力と学校

オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・中国の「新たな学力」への対応から考える

木村 裕・竹川慎哉 編著
四六判 176ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2514-7
小・中・高校教師
子どもたちが自分たちの「幸せを実現する」能力を形成するために、学校では何ができるのか。各国の最新の取り組み状況から、多様なアプローチで「学力」論に迫る。

目次

はじめに
序章 日本における「学力形成」の語られ方
1 「能力」論議の動向―「○○力」の時代
2 「学力向上」という語り方
3 「学力格差是正」という語り方
4 学力の内実を問い直す学力保障へ
第1章 持続可能な社会の実現を目指すオーストラリアの学校教育―「持続可能性のための教育」の取り組み
■この章で考えたいこと
1 オーストラリアの学校教育に見る多様性と統一性
2 EfSのカリキュラム開発を支える取り組み
3 南オーストラリア州におけるAuSSIの取り組み
4 持続可能な社会の実現を目指した学力の育成に向けて
第2章 学校の自主性・自律性を基盤としたニュージーランドの教育実践―児童・生徒に求められる学力とその育成
■この章で考えたいこと
1 ナショナル・カリキュラムの概要と位置づけ
2 教育アセスメントの概況と展開
3 学校群に基づいた教育実践
第3章 社会的正義の実現に向けた学力―カナダ・オンタリオ州の取り組み
■この章で考えたいこと
1 多文化社会カナダ・オンタリオ州
2 オンタリオ州において目指される学力像―卓越性と公正の追求
3 卓越性と公正とを追求する教育実践
4 カナダ・オンタリオ州からの示唆
第4章 学力・能力観をめぐる教育改革―韓国のキー・コンピテンシーの策定とその課題
■この章で考えたいこと
1 韓国のキー・コンピテンシーを巡る議論
2 「韓国型未来のキー・コンピテンシー」の枠組みと内容
3 キー・コンピテンシー教育の意義と今後の課題
第5章 実践力や創造性を身につけた子どもを育てる「素質教育」―中国・上海のカリキュラム改革に見る光と陰
■この章で考えたいこと
1 上海カリキュラム改革を支える教育組織
2 上海カリキュラム改革の理念と過程
3 小学校における探究型課程の事例―上海市虹口区飛虹路小学校の場合
4 学習評価の改革と教育現場の反響―学力保障を目指して
終章 子どもの幸せと学力の未来を考える
1 各国の取り組みの現在
2 学力の「未来」の方向性と学校教育のあり方
3 学力育成のための取り組み
おわりに
執筆者紹介

→ [学事出版トップページへ]