日本教師教育学会年報

日本教師教育学会年報 第27号(2018年版)

教育学部の30年

日本教師教育学会 編
B5判 204ページ 定価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-7619-2507-9
大学教員
日本で唯一の教師教育に関する学会の研究論文集。理論と実践がバランスよく収録された研究紀要。

目次

1 教育学部の30年
日本の「教育学部」:1980年代以降の動向―政策圧力と大学の主体性をめぐって―/岩田康之
秋田における教育文化学部の存続と地域文化学科の創設/佐藤修司
新潟大学における教育学部新課程の廃止―総合大学における芸術・スポーツの位置付けを求める運動の展開とその帰結―/岡野 勉
福井大学における教師教育改革30年の歴史とその省察/森 透
教員養成学部から一般学部へ―鳥取大学地域学部における教員養成の30年―/山根俊喜
大阪教育大学の場合―教養学科発足と消滅のポリティクス―/長尾彰夫
東京学芸大学における教師教育の30年/田中喜美
弘前大学の場合/福島裕敏
最近30年の高等教育政策の批判的検討/光本 滋
2 研究論文
管理職進出における女性教員の努力と連帯についての一考察―1990〜2010年代初め 大分県日教組女性組合員の場合―/佐藤智美
現代の教職理論における「省察(reflection)」概念の批判的考察―ザイクナーとリストンによる「省察的教育実践」論を手がかりに―/野貴大
小学校の改革における教師のコミュニティの形成―「できない」という教師の語りに着目して―/浅井幸子/黒田友紀/金田裕子/北田佳子/柴田万里子/申 智媛/玉城久美子/望月一枝
学校外における同教科教師ネットワークの考察―中学校家庭科教師に着目して―/兼安章子
3 実践研究論文
日本の教員養成系大学における短期海外研修プログラムの企画・実践・効果に関する考察―教職志望者の視野を外に開くカリキュラムづくり―/岩田康之
大学教員を目指す大学院生を対象とした相互授業観察プログラムの試行と評価―授業イメージの変容に着目して―/根岸千悠
4 書評・文献紹介
〈書評〉
朝倉雅史 著『体育教師の学びと成長』/木原俊行
山崎奈々絵 著『戦後教員養成改革と「教養教育」』/丸山剛史
土屋基規 著『戦後日本教員養成の歴史的研究』/釜田 史
久保富三夫 著『教員自主研修法制の展開と改革への展望―行政解釈・学説・判例・運動の対立・交錯の歴史からの考察―』/山ア準二
〈文献紹介〉
ミーケ・ルーネンベルクほか著、武田信子ほか監訳、入澤充ほか訳『専門職としての教師教育者』/百合田真樹人
5 第27回大会の記録
【シンポジウム】
教員養成と現職研修の連続性と非連続性の関係を問う
【課題研究I】
教師教育学の独自性と方法論研究―若手教員の直面する問題―
【課題研究II】
教師教育研究の国際化と比較研究の課題
【課題研究III】
教師教育における「実践性」と「高度化」―教職大学院の組織づくりを考える―
【特別課題研究】
震災・学校危機と教師教育―3年間の研究活動の成果と課題
6 日本教師教育学会関係記事
(1)日本教師教育学会第10期(2017.10-2020.大会時)役員・幹事等一覧
(2)日本教師教育学会活動履歴
(3)日本教師教育学会会則
(4)日本教師教育学会役員選出規程
(5)日本教師教育学会年報編集委員会関係規程等
(6)日本教師教育学会申し合わせ事項
(7)日本教師教育学会入会のご案内
〔編集後記・年報第27号 第10期編集委員会活動記録〕

→ [学事出版トップページへ]