スクールリーダーのための教育政策入門

知っておきたい教育政策の潮流と基礎知識

藤原文雄 著
四六判 256ページ 定価(本体1,900円+税)
ISBN978-4-7619-2493-5
小・中学校管理職,学校事務職員
一歩先を進むスクールリーダー(校長、副校長、教頭、主幹教諭、学校事務職員など)に向けて、近年の国の教育政策の潮流と基礎知識について解説。明日からの学校マネジメントに役立ちます。

目次

はじめに――「教育政策」という海の海図
第1部 カリキュラム・マネジメント
第1章 学習指導要領改訂
1 次期学習指導要領の改訂
2 社会に開かれた教育課程
3 育成を目指す資質・能力
4 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善
5 カリキュラム・マネジメント
第2章 学習指導要領改訂の歴史
1 1989(平成元)年の改訂
2 1998(平成10)年の改訂
3 2003(平成15)年の一部改訂
4 2008(平成20)年の改訂
5 2015(平成27)年の改訂
6 2017(平成29)年の改訂
第3章 カリキュラム・マネジメント
1 カリキュラム・マネジメント
2 カリキュラム・デザイン
3 PDCAサイクル
4 内外リソース活用
第4章 生徒指導
1 『生徒指導提要』
2 いじめ問題
3 不登校
第5章 多様な子供の学習権保障
1 「教育を受ける権利」の保障
2 不登校の子供
3 子供の貧困対策
4 共生社会に向けた特別支援教育
5 ネットワークやAI等の先端技術を活用した子供支援
第2部 教職員人材育成
第1章 学び続ける教職員
1 学び続ける教員像
2 教育委員会、大学等の関係機関の連携・協働
3 教員養成の改革
4 教職大学院
5 関与と自主性の尊重とのバランス
第2章 校長
1 校長の資質・能力
2 校長に必要な資質・能力
3 校長のリーダーとしての自信
第3章 副校長・教頭の役割
1 副校長・教頭の職務内容
2 副校長・教頭の職務遂行実態
3 副校長・教頭の職務遂行実態の改善に向けて
4 副校長・教頭の専門性の向上
第4章 ミドルリーダー
1 ミドルリーダーへの注目
2 ミドルリーダーの二つの意味
3 ミドルリーダーの国際的動向
4 ミドルリーダーの資質・能力と育成
第5章 学校事務職員
1 リソース・マネジャー
2 学校事務職員が貢献可能な五つの領域
3 高度なコミュニケーション能力
4 学校事務職員の専門性発揮の疎外状況
5 「従事する」から「つかさどる」へ
第3部 法令遵守、危機管理、教育資源の活用
第1章 学校安全
1 学校安全の重要性
2 学校保健安全法
3 学校安全の推進に関する計画
4 第二次学校安全の推進に関する計画
5 学校安全の充実と教員の負担軽減
第2章 学校組織全体の総合力の向上と教員の勤務負担の軽減
1 「二兎を追う学校づくり政策」
2 「チームとしての学校」による検討の再開
3 「働き方改革」(中間まとめ)
第3章 業務改善
1 「チームとしての学校」実現に向けた柱の一つとしての業務改善
2 業務改善の歴史
3 業務改善の第二ステージ
4 『学校現場における業務の適正化に向けて(報告)』
5 業務改善の加速とネットワーク構築
第4章 教職員定数
1 教職員定数決定の仕組み
2 標準定数決定の仕組み
3 標準定数の決定スケジュール
4 財務省との論争点
5 「授業の専門家」対「教師」
第5章 マネジメント機能強化
1 学校の自主性・自律性の確立
2 コミュニティ・スクール
3 主幹教諭
4 副校長・教頭のサポートの必要性
5 「チームとしての学校」「学校と地域の連携・協働」答申
6 学校裁量の拡大
第4部 地域、学校間連携・協働
第1章 人口減少社会
1 人口減少社会
2 中央教育審議会『少子化と教育について(報告)』
3 学校再編
4 学校と核とした地域づくり
第2章 学校と学習塾
1 学習塾通いに伴う弊害に対する批判
2 再度の通知発出
3 臨時教育審議会を転機とする学習塾に対するまなざしの転換
4 学習塾への補充指導の再委託
5 民設学習塾の公教育への参入
6 公立学校の教職員の守備範囲の縮小
第3章 地域と学校との連携・協働
1 開かれた学校づくりの提唱
2 1990年代の開かれた学校づくり
3 学校に対する厳しいまなざし
4 地域とともにある学校づくり
5 地域とともにある学校づくりの課題
第4章 高大接続改革
1 高大接続改革が目指す未来の姿
2 学力三要素
3 高等学校教育改革
4 大学教育改革
5 大学入学者選抜改革
第5章 小中一貫教育
1 小中一貫教育の開始
2 柔軟かつ効果的な教育システムの構築
3 小中一貫教育の現状と課題
4 小中一貫教育の制度化
5 小中一貫教育の施設類型
6 教職員の多忙化と負担感の軽減
第5部 生涯学習・共生社会・教育行政
第1章 生涯学習社会と学校
1 生涯教育という考え方の広がり
2 臨時教育審議会による「生涯学習社会への移行」
3 臨時教育審議会以降の生涯学習の基盤としての学校の揺らぎ
第2章 人生百年時代
1 人生百年時代
2 人生百年時代における学校教育
3 人生百年時代構想会議
4 リカレント教育、大学改革
第3章 インクルーシブ教育システム
1 特別支援教育
2 障害者の権利に関する条約
3 インクルーシブ教育システム
4 学校観の転換と教職員等定数の改善
第4章 教育長及び教育委員会事務局職員
1 教育長及び教育委員会事務局職員
2 教育長
3 校長をエンパワメントする教育長
4 指導主事
5 事務職員
6 資質・能力向上への注目
第5章 文部科学省
1 文部科学大臣・文部科学副大臣・文部科学大臣政務官
2 事務次官・文部科学審議官
3 今後の文部科学省の在り方を考えるタスクフォース報告
4 学び続ける文部科学省職員
5 文部科学省の機構改革
引用・参考文献
終わりに――教育政策・教育行政の原点
もっと詳しく知るための文献案内
提言・答申の名称一覧

→ [学事出版トップページへ]