全時間の授業展開で見せる「考え、議論する道徳」小学校3・4年

山中伸之 編集代表・
松澤正仁・丸岡慎弥 編著
B5判 120ページ 定価(本体2,300円+税)
ISBN978-4-7619-2377-8
小学校教師
「特別の教科 道徳」の全時間分の授業実践集! 「考え、議論する道徳」づくりの具体例、板書案、各授業での評価のポイントを提案。授業で使えるラベル、イラスト、ワークシート、評価記入文例を収録したCD-ROM付。

目次

この本の使い方
はじめに
part1 「考え、議論する道徳」とは
  ■「特別の教科 道徳」になると、何が変わるのか
1 「道徳の時間」が「特別の教科 道徳」として位置付けられる
2 学校における道徳教育の目標と特別の教科道徳の目標が同じになる
3 道徳科の授業で扱う内容項目に変更がある
4 「考え、議論する道徳」へ転換する
5 記述式の評価を行う
6 検定教科書が導入される
  ■考え、議論する道徳とは
1 読み物道徳からの脱却
2 道徳授業の質的転換
  ■読み物教材の登場人物への自我関与が中心の学習とは
1 ねらい・留意点など
2 主な発問例
  ■問題解決的な学習とは
1 ねらい・留意点など
2 主な発問例
  ■道徳的行為に関する体験的な学習
1 ねらい・留意点など
2 指導の効果
part2 全時間の授業展開で見せる「考え、議論する道徳」
すりばち村のだんだん畑
よく考えて節度ある生活を
まどガラスと魚
六セント半のおつり―リンカーンの話―
金色の魚
少しだけなら
ばんざい大きな花まる
うれしく思えた日から
よわむし太郎
心にひびくかねの音
マジ泣いた!真のヒーロー
幸福の王子
あと三十分おくれたら
だれかの生活をささえられる人に
電話の向こうはどんな顔
だれに対しても真心をもって
絵はがきと切手
同じ仲間だから
たまちゃん、大すき
ぼくらだってオーケストラ
音のこうずい
雨のバス停留所で
同じことなのに
わたしのクラス
ごみステーション
点字メニューにちょうせん
ぼくのおばあちゃん
ブラッドレーのせい求書
みんなが守らなくてはならないきまりがある
本当の友達について、考えよう
祭りだいこ
ふろしき
ぼくのおべんとう
中国から来た趙君
ヒキガエルとロバ
ヌチヌグスージ(命の祭)
ホタルの引っこし
動物や植物の生命の力を感じて
百羽のツル
富士と北斎
巻末資料
付録:評価記入文例
おわりに

→ [学事出版トップページへ]