日本教師教育学会年報

日本教師教育学会年報 第26号(2017年版)

「指標化」「基準化」の動向と課題

日本教師教育学会 編
B5判 192ページ 定価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-7619-2362-4
大学教員
日本で唯一の教師教育に関する学会の研究論文集。理論と実践がバランスよく収録された研究紀要。

目次

1 「指標化」「基準化」の動向と課題
Competences and Standards for Teachers and Teacher Education - Developments and Problems - a common approach for the United Kingdom?/Ian Menter
〈Ian Menter論文の解説と抄訳〉教師と教師教育のためのコンピテンスと基準―その発展と問題点―英国におけるアプローチは共通か?/高野和子
文科省による「教職課程コアカリキュラム」作成の経緯とその課題/牛渡 淳
教育委員会による教員指標の「スタンダード化」の問題/子安 潤
ガバナンス改革における教職の位置と「教員育成指標」をめぐる問題/浜田博文
教員養成改革はなぜ「分かりにくい」のか/渡辺敦司
2 研究論文
D.A.ショーンのreflection-in-action概念の再検討―実践についての認識論に注目して―/岡村美由規
教員養成課程での国際教育活動の効果検証―カリキュラムを補完する国際教育のあり方をめぐって―/香川奈緒美・百合田真樹人
情動的支援における教師の実践的思考―低学年児童がネガティブ情動を表出する場面の違いに着目して―/芦田祐佳
小学校教員組織におけるOJTの効果に関する考察―新規採用後3年間の経年比較による検証―/村上正昭
3 実践研究論文
教職大学院における理論と実践の往還を具体化するプログラムの実証的研究/若木常佳・村田育也
同僚性コミュニティを軸とした授業力量に資する省察の実践的研究―小学校の学年集団による書き言葉による省察に焦点をあてて―/栫井大輔
より深い省察の促進を目指す対話型模擬授業検討会を軸とした教師教育の取り組み/渡辺貴裕・岩瀬直樹
4 書評・文献紹介
〈書評〉
川前あゆみ 著『教員養成におけるへき地教育プログラムの研究』/中妻雅彦
太田拓紀 著『近代日本の私学と教員養成―ノン・エリート中等教員の社会史―』/釜田 史
浅井幸子・黒田友紀・杉山二季・玉城久美子・柴田万里子・望月一枝 編著『教師の声を聴く―教職のジェンダー研究からフェミニズム教育学へ―』/中嶋みさき
〈文献紹介〉
久冨善之 著
『日本の教師、その12章―困難から希望への途を求めて』/藤田里実
『学びの専門家としての教師 岩波講座 教育 変革への展望 第4巻』/三品陽平
5 第26回大会の記録
【シンポジウム】
教師の専門職性と“学び続ける教師”の在り方を問う
【課題研究I】
教師教育学の独自性と方法論研究―若手の意見を聞く―
【課題研究II】
教師教育研究の国際化と比較研究の課題―教職をめぐる課題の変化と教師教育―〈国際比較研究の観点から〉
【課題研究III】
教師教育における「実践性」と「高度化」―国際動向の中で考える―〈まとめと今後の課題〉
【特別課題研究】
震災・学校危機と教師教育―これまでの活動と課題―
6 日本教師教育学会関係記事
(1)日本教師教育学会第9期(2014.09-2017.定期総会)役員・幹事等一覧
(2)日本教師教育学会2016年度研究活動報告
(3)日本教師教育学会会則
(4)日本教師教育学会役員選出規程
(5)日本教師教育学会年報編集委員会関係規程等
(6)日本教師教育学会申し合わせ事項
(7)日本教師教育学会入会のご案内
〔編集後記・年報第26号 第9期編集委員会活動記録〕

→ [学事出版トップページへ]