事務職員の職務が「従事する」から「つかさどる」へ

学校教育法第37条第14項「事務職員は、事務をつかさどる」とはどういうことか

藤原文雄 編著
A5判 112ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-2344-0
学校事務職員,小・中・高校管理職
学校教育法第37条第14項が改正され「事務職員は、事務をつかさどる」こととなった。このことによって事務職員の職務はどのように変わるのかを考える一冊。

目次

はじめに……藤原文雄
■研究者・日本教育事務学会会長として法改正をどう見るか。事務職員の職務はどう変わるか・変わるべきか。……北神正行
「事務職員は、事務をつかさどる」の意味と意義
学校経営参画職としての学校事務職員の役割―学校づくり情報の創造・発信者としての学校事務職員
「チームとしての学校」具現化と学校事務職員の役割課題―新しい職域の創造と開発
期待される専門性の向上と学校事務職員制度の課題
■学校事務のアップグレードに向けて:子どもの幸せ(ウェルビーイング)の視点からの提言……末冨 芳
専門職としての学校事務職員の条件
学校事務職員に固有の職務とは何か?
子どもの幸せ(ウェルビーイング)の視点からの学校事務
ミクロ・メゾ・マクロの3レベルでの学校事務のマネジメント
■学校事務職員の職務はどう変わるか、どう変わるべきか―学校経営参画の視点から……福島正行
学校運営チームの一員としての役割が期待されている
どう変わるか
どう変わるべきか
最後に
■法改正を受けての事務職員への期待(法制度から見た事務職員の位置づけの変更)……藤岡謙一
はじめに
学校教育法第37条の趣旨
事務職員の位置づけ
事務職員の職務の在り方
事務職員の負担増加への対応
これからの事務職員像
■法改正を受けての事務職員への期待(事務職員定数改善の歴史)……尾川正洋
学級編制及び教職員定数改善計画/教職員配置改善計画
  ・第1次学級編制及び教職員定数改善計画
  ・第2次学級編制及び教職員定数改善計画
  ・第3次学級編制及び教職員定数改善計画
  ・第4次学級編制及び教職員定数改善計画
  ・第5次学級編制及び教職員定数改善計画
  ・第6次教職員配置改善計画
  ・事務処理に関する調査研究
  ・第7次教職員定数改善計画
平成18(2006)年度から28(2016)年度の教職員定数改善について
平成29(2017)年度の教職員定数改善について
事務職員の皆さまに期待を込めて(今後の事務職員定数の在り方)
■今こそ!……谷口史子
考え方を「変える!」と「変わる!」
事務職員の立ち位置
これまでの経験から
■主体的に学校マネジメントを担う職への転換を……鳥本安博
法改正の背景
「つかさどる」と言われても
新しい職務規定に適応した研修へ〜全事研の取組〜
新たに求められる役割を担うために
■「つかさどる」とは学校経営を担い実行していくこと……松野千恵美
新潟市における学校事務職員の役割
学校財務を通して学校経営の方向性を強化する
情報共有で組織の活性化を図る
学校・地域の課題に組織的に取り組む
■この〈つかさどる元年〉をチャンスに!―学校財務をつかさどる事務職員の働き方……裄V靖明
期待に応えましょう
つかさどるべき〈事務〉
学校財務の実践パターン
学校財務をつかさどる実践事例
■事務職員の職務規定の変更、共同学校事務室の設置に関する法改正の内容と教育委員会、学校における取組……野川孝三
「つかさどる」ことの意味と職務の変革
「つかさどる」改正を受け必要な教育委員会の施策
「共同学校事務室」設置の推進を
教育委員会が積極的な施策実行を
■ジャーナリストから見た法改正と、これからの学校事務職員への期待……中西 茂
大きな意味を持つ〈言葉〉の変化
意欲をそぐ〈格下げ〉
事務の共同実施や人事交流の意味
学校事務の専門性を極める
個性ある事務職員に出番を
内なる理解、外に向けた理解
■学校事務職員の未来―事務をつかさどりながら、クリエイティブな仕事を楽しむ……妹尾昌俊
法改正? So, what?
副校長・教頭のとなりに事務職員を
学校事務職員の未来―AIと共存・共栄できるか?
学校事務、もう一つの代替危機
AIやアウトソース先に負けない、挑戦領域とは?
事務をつかさどりながら、ワクワクする仕事に
■事務をつかさどる“学校”事務職員の皆さんへ……木村 拓
はじめに
学校事務との出会い
事務職員との出会い
拡大する事務職員の職務
“学校”事務職員として
「事務をつかさどる」とはどういうことか?
おわりに―ネクスト・ステージへ……藤原文雄
編著者紹介
●巻末資料

→ [学事出版トップページへ]