睡眠教育(みんいく)のすすめ

睡眠改善で子どもの生活、学習が向上する

木田哲生 著
A5判 112ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-2334-1
小・中・高校教師,養護教諭,保護者
睡眠が変われば子どもが変わる! 睡眠の短時間化、睡眠障害による学校不適応、不登校、情緒障害などが急増している。子どもたちに睡眠の大切さを伝えて、今の生活習慣を改善していこうという睡眠教育(みんいく)をわかりやすく解説。

目次

    はじめに
    第1章 「みんいく」の医学的背景とは
     1 M中の実態
     2 小児慢性疲労症候群
     3 「生活リズムと体内時計のズレ」が引き起こす健康被害
    第2章 「みんいく」をどう実践するか
     1 みんいく三角形
     2 睡眠朝食調査
    (1)睡眠朝食調査って何?
    (2)指導方法
    (3)発達に応じた睡眠
     3 みんいく授業
     4 みんいく面談
     5 睡眠改善に有効な支援方法
    (1)「安心・信頼を感じた」
    (2)家庭の協力
    (3)早期の面談実施
    (4)スマホ、インターネット、テレビの制限
    (5)目標管理
    (6)面談実施者
    (7)登校することへの動機づけの高さ
     6 データで見る成果
     7 「みんいく」三次元支援
     8 問題の早期発見
     9 保護者への啓発
     10 中学生の睡眠時間
    第3章 小学校での「みんいく」の実際
     1 事例校概要
     2 平成28年度の実践
     3 成果
     4 結果
    第4章 学校と地域の連携の重要性
     1 日本人の睡眠
     2 地域全体で「みんいく」
    (1)睡眠に関するアンケート調査
    (2)教員・保護者・地域住民による合同研修会
    (3)啓発ポスターの作成
    (4)はよねるデー
    (5)地域防犯パトロール「青パト」とコラボ
    (6)絵本の作成
    (7)地域住民による情報発信
    (8)みんいくラップ
    第5章 「不適応」と「睡眠」の関係は?
     1 「脳のストレス飽和状態」とは?
     2 漠然とした不安意識
     3 ストレス飽和状態の発生
     4 睡眠改善の効用
    おわりに

→ [学事出版トップページへ]