新キャリア開発支援論

AI時代のキャリア自律に向けて

松村直樹・平田史昭・角方正幸 著
A5判 128ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2319-8
大学教職員
AI時代が本格的に到来したとき、大学におけるキャリア開発支援の内容はどのように変わるのか、学生の基礎力(ジェネリックスキル)をどう育成するのかを考察・提案。AI時代に必要な能力育成論。

目次

まえがき
第1章 変化するキャリア開発支援論
1-1 キャリア開発支援の過去・現在・未来
1-2 新キャリア開発支援のフレーム(新旧3種の神器)
1-3 新キャリア開発支援と大学の役割
第2章 AI時代とキャリア教育
2-1 産業構造の劇的な変化―AI、IoT、グローバル、インダストリアル4.0
2-2 これからの企業が求める人材と仕事能力
2-3 学ぶと働くをつなぐためのキャリア教育
第3章 基礎力(ジェネリックスキル)の育成とキャリア自律
3-1 キャリア開発支援における基礎力(ジェネリックスキル)の位置づけ
3-2 教育改革の指針となる新しい能力の定義
3-3 基礎力(ジェネリックスキル)の測定
3-4 基礎力測定テスト「PROG」の特徴
3-5 基礎力(ジェネリックスキル)伸長の実態と支援
第4章 キャリア開発プログラムの実際とマネジメント課題
4-1 プログラムマネジメントの重要な観点
4-2 プログラムマネジメントの実際
4-3 キャリア開発プログラムのマネジメント課題と解決策
執筆分担・執筆者プロフィール

→ [学事出版トップページへ]