先生のための話し方講座

心にせまる話にはワケがある

学校例話研究会 編
A5判 160ページ 定価(本体1,800円+税)
ISBN978-4-7619-2292-4
小・中・高校管理職
よい講話を実現するためには、1「材料集め」、2「講話への組み立て方」、3「話し方」の三つが大切です。本書では、材料集めしたものを、講話に組み立て、話に展開するための考え方や技法について、6人の達人が秘訣・ノウハウをやさしく伝授します。

目次

はじめに
第一章 教師の話し方 基礎の基礎
1 講話・あいさつの機会が多い教師
2 良い講話やあいさつとは
3 講話・あいさつに臨むときは必ず原稿を用意する
4 ポイントは「良い原稿を用意する」ことと「上手に話す」こと
5 良い講話・あいさつ・スピーチをするコツ
6 大事なことは二つ
第二章 わかりやすい話し方をするための工夫
1 伝わる話をするために
2 わかりやすい内容構成にするために
3 わかりやすい内容にするための工夫
4 わかりやすい話し方にするために
5 話し手が聞き手に働きかけるために
第三章 話し上手になるための秘訣
1 いい話の決め手は話題?
2 聞き上手こそが話し上手
3 講話中の厳しい状況を打開するには?
4 「つかみ」に潜む話の秘訣
5 挨拶上手になるには?
6 聞き手をひきつける三つの秘訣
第四章 思わず耳を傾けたくなる話し方
1 管理職のための話し方とは
2 管理職に求められる話し方とは
3 学校で話をするということは
4 いい話をするための三つの条件とは
5 演壇に立ったときに心すべきこととは
6 話をどうまとめるか
7 話・スピーチの事例
8 上手な話し手になるために
第五章 生徒が変わる、学校が変わる話し方
1 教育理念を伝えるチャンス
2 原稿を書く前に
3 原稿を書くにあたって
4 話す際には
5 講話の名手に
第六章 相手をその気にさせるプレゼン術
1 プレゼンテーションとは
2 聞きたいと思わせる工夫をする
3 相手をその気にさせる話し方

→ [学事出版トップページへ]