アクティブラーニングを活かした生徒指導

協同学習の手法を取り入れた生徒指導のデザイン

関田一彦・渡辺正雄 編著
B5判 124ページ 定価(本体1,800円+税)
978-4-7619-2255-9 小・中・高校教師
アクティブラーニングは、言葉を通じた協同により、子どもたちの対論能力を磨き、関係性を深くし、互いの信頼感を高める生徒指導的機能を発揮します。問題行動の未然防止と児童生徒の自己解決力を育む、アクティブラーニングの視点と手法を活かした生徒指導の実践を紹介。

目次

    はじめに
    第1部 生徒指導とアクティブラーニング
    第1章 アクティブラーニングを生徒指導に活かすとは?
    1.アクティブラーニングの捉え方
    2.アクティブラーニングと協同学習
    (1)協同学習の定義
    (2)生徒指導と学習指導の一体化
    (3)生徒指導の重層性と協同学習の効用
    第2章 協同学習の手法を取り入れた生徒指導のデザイン
    1.初等中等教育におけるアクティブラーニングの導入へ
    2.アクティブラーニングとは何か
    3.初等中等教育におけるアクティブラーニングとは
    (1)中教審に諮問している「アクティブ・ラーニング」
    (2)アクティブラーニングの方向性
    4.生徒指導におけるアクティブラーニング
    (1)生徒指導のエリアとレベル〜教育サポート・ピラミッド〜
    (2)協同学習の視点
    第2部 アクティブラーニングを活かした生徒指導実践1
    学級経営・学習指導にかかわる実践
    第1章 落ち着かない学級を立て直す
    第2章 仲間との人間関係力を高める
    第3章 相手の気持ちがわかるようになる
    第4章 コミュニケーション力を高める
    第5章 安心・安全な学級をつくる
    第6章 教室での問いが自分の問いになる瞬間
    第3部 アクティブラーニングを活かした生徒指導実践2
    開発的・予防的生徒指導にかかわる実践
    第1章 いじめ予防―ワークショップで体感する
    第2章 不登校予防―ライフスキルトレーニングで適応行動を学ぶ
    第3章 市民性を育てる―学習プログラムで社会構成者の意識をもつ
    第4章 ピア・サポート―ピア・トレーニングで友人支援を行う
    おわりに
    ●コラム
    1 アクティブ・ラーニングは強制か?
    2 日常の授業で対人関係力を磨く
    3 安心してコミュニケーションできるペアワーク
    4 文芸部創作演習における協同学習〜みんなのクラブを、みんなの活動で育てる〜
    5 アクティブラーニングからの生徒指導観
    6 アクティブラーニングの視点から考察する、あるべき生徒指導のあり方
    7 架空の協同を逸脱行動の反省に活かす〜内観法やロールレタリング法を使って〜
    8 協同学習をブレーンストーミングに援用した集団の意思決定サポート
    9 18歳から参政権を得る高校生への統合ディベートのすすめ
    10 望ましい習慣を身につけるために〜話し合いを取り入れた品格教育の取組〜
    11 協同学習を取り入れた大学選びの取組
    12 中学校の特別活動と協同原理について

→ [学事出版トップページへ]