できてるつもりのアクティブラーニング

片山紀子 編著・森口光輔 著
四六判 184ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-2243-6
小・中学校教師、教職大学院生
アクティブラーニングは、子どもに活動させればよいという単純なものではなく、思考力や問題解決力を育てていく授業です。成功のカギは「話し合い」にあり、「話し合い」を核にすることで、より確かなものになります。アクティブラーニングがうまくいかないという先生方に、授業や意識の改革のためのポイントを提案。

目次

はじめに
第1章 それって「アクティブラーニング」ですか?
1 アクティブラーニングってなかなかうまくいかない?
2 アクティブラーニングって時間かかるの?
3 子どもが置き去りのアクティブラーニングでいいの?
4 一方通行型の授業のままでいいの?
第2章 こんな授業になっていませんか?
1 子どもの話を待てない割り込み先生
2 盛り上がっているかと思ったら「雑談」ばかり
3 お通夜状態の子どもたち
4 険悪な雰囲気が漂う子どもたち
5 発言は一部の子どものみ
6 しらけたムードで形だけになっている話し合い
7 全ての班で意見発表させて終了!?
第3章 なぜ今、アクティブラーニングなのか
1 これからの子どもたちに求められる能力
2 アクティブラーニングで子どもの何が鍛えられるのか
3 「アクティブラーニング」と「話し合い」
4 話し合いの成立した教室とは
第4章 これがほんとの「アクティブラーニング」型授業!
1 2つのタイプの授業
(1)クリアエンド型
(2)オープンエンド型
2 うまくいくためのポイント
(1)話し合いをどこで取り入れるか
(2)話し合いの形態や進行する人は誰か
(3)必然性のあるテーマか
(4)意見を交流させているか
(5)問いが明確になっているか
(6)「引き出す」「広げる」「まとめる」は事前に決めているか
(7)ゴールの姿は事前にイメージしているか
(8)終了後のアウトプットを指示しているか
(9)安心できる雰囲気があるか
(10)違いを認め合える雰囲気があるか
(11)先生が自己開示しているか
第5章 さらに深めるためには〜ファシリテート〜
ところで、ファシリテートって何?
1 先生は自分の存在を消す
2 時間を管理する
3 誰と誰を話し合わせるか
4 口出しをしない
5 間を大事にする
6 心に届く話し方
7 グループでの話し合いを支援する
8 子どもに問い返す
9 リーダーシップとフォロワーシップを育てる
10 創造的な解決を目指す
11 ぶつかりを活かす
12 リソース(資源)を活かす
13 子どもの反応を感じとる
第6章 アクティブラーニングを成功させるためのテクニック
1 ジェスチャーを気にしていますか?
2 座席配置を工夫していますか?
3 グループ編成に配慮していますか?
4 リスペクトして話すよう指導していますか?
5 聴き方・話し方の指導をしていますか?
6 先生は子どもの発言を認めていますか?
7 指名の工夫をしていますか?
8 手が挙がる「三つのこと」をやっていますか?
9 ハンドサインを使っていますか?
10 対立軸を立てることができていますか?
11 話し合いのよさを実感させる声かけをしていますか?
12 子どもから出た意見を整理していますか?
13 子どもから出た意見を深めていますか?
14 子どもの発言や行為を価値づけしていますか?
第7章 さあ、やってみよう!
指導法は違ってもゴールは一緒!気楽に取り組もう!
期間を決めて取り組む
まずは先生が挑戦する
教室環境を整える
1 道具を使って演出しよう
(1)意思を表す色カードは用意しましたか?
(2)模造紙と水生フェルトペンは用意しましたか?
(3)役割と名前を書く板マグネットは用意しましたか?
(4)記録するデジタルカメラは用意しましたか?
(5)付箋紙を使っていますか?
(6)ブレーンストーミングの技法を知っていますか?
(7)小サイズのボードとマーカーを使っていますか?
(8)電子黒板を使っていますか?
(9)タブレットを使っていますか?
(10)カウントダウンタイマーは準備しましたか?
2 話し合いの種をまこう
3 話し合いのメモを用意しよう
4 司会者カードを用意しよう
5 メンバーを構成しよう
6 資料を用意しよう
(1)話し合いの仕方がわかる資料
(2)話型を用意し、話し合いをしやすくする
(3)共通の資料を用意し、価値観の共有を図る
7 ルールを決めて進めよう
8 話すべき言葉のみを厳選した原稿を用意しよう
第8章 おわりよければすべてよし
1 決まったことは尊重する
2 意識付けを促す
3 子どものつぶやきに聞き耳を立てる
4 振り返りで主体性のある話し合いに
5 計画書をつくって、ブレない指導を
6 虎の威を借るキツネ作戦〜前向きに取り組めるように〜
7 自分たちで解決できるようになったよ!
8 まずは、やってみよう
おわりに
引用・参考文献

→ [学事出版トップページへ]