いじめ指導24の鉄則

うまくいかない指導には「わけ」がある

吉田 順 著
四六判 192ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2165-1
小・中・高校教師
荒れる学校200校を診てきた著者が、いじめを克服する学校・学級づくりの鉄則、具体的な指導法を詳細な分析に基づいて公開。あなたの学校を救うヒントが必ず見つかります。

目次

はじめに 「いじめ」はあるが、「いじめ問題」はない?
本書で素材にした「いじめ自殺事件」の概要
鹿川君事件/大河内君事件/大津事件/矢巾事件/仙台事件
第1章 いじめ指導・3つの鉄則
鉄則1 「いじめかどうか」ではなく、事実を指導すればいい
鉄則2 非暴力系のいじめは「心のコップの水」で教える
鉄則3 いじめ指導は指導の結果を確かめることが不可欠
第2章 いじめ対応・11の鉄則
鉄則4 「いじめの早期発見」ほど曖昧な言葉はない
鉄則5 ベテランが失敗を語ると情報は集まる
鉄則6 「見返り」のない報告はしなくなる
鉄則7 いじめを認めなくても、「灰色」のまま指導できる
鉄則8 「荒れる学校」で起きるいじめ指導は至難の業
鉄則9 「荒れたグループ」からのいじめには万全の体制を
鉄則10 「暴力系いじめ」には法的対応が基本
鉄則11 「非暴力系いじめ」の対応は人間関係を解きほぐす
鉄則12 いじめ指導に「空手形」は発行しない
鉄則13 「だろう」指導から「かもしれない」指導へ
鉄則14 「かなめ」のいない組織では対応できない
第3章 いじめ防止・10の鉄則
鉄則15 「いじめにはこう対応する」と宣言しておく
鉄則16 いじめの心理を知っておく
鉄則17 いじめの起こりにくい学級づくり
鉄則18 正義が通る学級づくり
鉄則19 教師の姿勢が決定的
鉄則20 「命の大切さ」と「心のコップの水」で教える防止授業
鉄則21 「健全なトラブル」で解決する力をつける
鉄則22 親を味方にしないと解決できない
鉄則23 一般論の研修ではなく、実際のいじめから学ぶ
鉄則24 いじめの指導は生徒指導そのもの
おわりに

→ [学事出版トップページへ]