学校財務改革をめざした実践事例

自主的・自律的な教育活動を保障するために

現代学校事務研究会 編
A5判 128ページ 定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-7619-2058-6
学校事務職員
学校経営の基盤をなす学校財務。各学校や共同実施組織における優れた財務改革の実践事例を、4人の学校事務職員の取り組みによって紹介する。

目次

    はじめに
    第1章 公費・私費予算の一体的運営と学校財務評価の実践
    第1節 学校財務のPDCAサイクルを考える
    1.はじめに
    2.活きたPlan(予算計画)策定をめざす
    3.予算委員会で学校予算計画の見直しを提案
    4.「学校経理の日」を充実させた取り組み
    5.Check(分析・評価)、Action(改善)の実践を追求する
    6.「校内予算管理システム」を教育委員会と共同開発
    第2節 公金・預り金を一体化させた財務評価の実践
    1.「学校予算振り返りシート」作成と提案
    2.「学校予算振り返りシート」でCheck
    3.「学校予算振り返りシート」からAction
    第3節 財務評価ができる事務職員になるために
    1.授業参観を通して生徒や教員の姿から学ぶ
    2.学校生活を観察し、生徒や教員の姿から学ぶ
    第4節 これからも積み上げていく財務評価の実践
    1.教職員で成果の共有、課題改善への取り組み
    おわりに
    第2章 教職員や生徒とともに取り組む学校財務改革
    第1節 学校財務の課題解決のために
    1.はじめに
    2.カリキュラム経営への参画をめざして
    3.「連携・協働」によるアプローチ
    4.「かたちが見える学校事務」のために
    第2節 校内における教職員との連携・協働
    1.予算委員会の機能強化
    2.校内会計事務のシステム化
    3.学校徴収金の年間集金計画の改定
    4.補助教材の反省・評価および保護者負担の軽減
    5.安全点検後の校内営繕会議
    6.生徒会(環境委員会)とともに財務啓発活動
    7.文化祭や学校財務ウィークでの取り組み
    8.生徒向け「学校財務アンケート」の実施
    第3節 町内事務職員との連携・協働(西会津町小中学校連携)
    1.財務情報の共有化・学校事務職員未配置校への事務支援
    2.保護者対象「西会津小中学校ハンドブック」の配布
    3.予算要求(予算積算書)と教育委員会との連携
    第4節 町教育委員会・校長会等との連携・協働(町学校事務改善委員会)
    1.町単位の「連携・協働」へ大きな1歩
    2.「町学校事務改善委員会」設置までの流れ
    3.「町学校事務改善委員会」のスタート
    4.給食費口座振替システムの改善
    5.共同印刷改善による印刷製本費の削減
    6.「町学校財務取扱規程(案)」「町学校準公金取扱規程(案)」等の提案
    第5節 まとめ
    1.「1人でする」から「組織でする」へ
    2.「学校財務の統括者」として
    第3章 公費・私費まとめて大改革!
    第1節 現状把握と実験的実践
    1.埼玉県川口市の現状
    2.問題点はどこにあるのかを探る
    3.「見える」公費予算
    第2節 異動と実践の日々
    1.1歩進んで2歩下がる
    2.土台づくりから
    3.1年間の流れ
    4.分掌との連携・連動
    第3節 つながっていく仕事
    1.学校の仕事って何だろう
    2.初めての仕事と挫折
    3.キーワードは「子どもたち」
    4.就学援助の仕事が教えてくれたこと
    5.必要なのは時間の確保
    第4節 これからの課題
    1.増える若手教員
    2.つながる、広がる実践へ
    3.何もないこともプラス
    4.忘れられないこと
    第4章 協働が創造を生む―学校財務への挑戦
    はじめに
    第1節「ともにつくる予算」をめざして
    1.学校の現状把握
    2.学校教育ビジョンの共有…重点目標等に合わせた予算編成方針
    3.長中期的な予算計画
    第2節 協働を通して生まれる学校の組織力
    1.教務部との連携…教材選定と選定委員会
    2.事務・業務の負担軽減と情報共有…計画の作成と執行状況の把握
    3.職員全員での教材整備と点検…教材の把握と計画づくり
    4.予算を話し合う場の設定
    第3節 評価の「見える化」
    1.執行結果の「見える化」と課題の共有
    2.学年教材費の評価と翌年度の計画づくり
    3.学校評議員会での説明
    第4節 組織的な取り組みを通した意識改革
    1.共同実施で学校経営を推進
    2.職員の意識改革…財務研修
    3.共同実施は実務を通した学びの場
    まとめにかえて

→ [学事出版トップページへ]