生徒指導10の原理・100の原則

気になる子にも指導が通る110のメソッド

堀 裕嗣 著
四六判 192ページ 定価(本体1,500円+税)
ISBN978-4-7619-1848-4 
中・高校教師
いま教師が最も手を焼いているのは、悪気なく学校規範におさまらない〈脱・社会〉の生徒たち。多数派を占める彼らへの生徒指導を機能させるために必要な10の原理と100の原則をマンガ入りで紹介。

目次

  1. まえがき
  1. 第1章 生徒指導を機能させる10の原理
    1. スクール・カーストの原理[生徒集団を捉え生徒指導の構えをつくる原理]
    2. サイレント・マジョリティの原理[生徒指導の大きな方向性を意識するための原理]
    3. ヒドゥン・カリキュラムの原理[ゆれのない指導で生徒たちとの信頼関係を結ぶ原理]
    4. ブロークン・ウィンドウズの原理[トラブルを小さなうちに解決する初期指導重視の原理]
    5. イニシアティヴの原理[生徒たちとの出逢いで主導権を握る原理]
    6. インクルージョンの原理[教師としての構えを転換し生徒たちとの共同性をつくる原理]
    7. マクドナルド化の原理[強制から調整へ自然に生徒たちを導く原理]
    8. パッチング・ケアの原理[多くの人々の声かけでケアのかけらを積み上げていく原理]
    9. FMCチームワークの原理[怖い先生、優しい先生、ともに遊べる先生、三タイプの協同で指導する原理]
    10. 自己キャラクターの原理[教師としての自らのタイプを知る原理]
  1. 第2章 生徒指導を機能させる100の原則
    1. 基本として身につけたい10の原則
    2. 生徒を観察する10の原則
    3. 生徒との距離を調整する10の原則
    4. 事実を確認する10の原則
    5. 生徒を説得する10の原則
    6. 現場に対応する10の原則
    7. 保護者に対応する10の原則
    8. 年度当初に徹底する10の原則
    9. 自分の現状を知る10の原則
    10. 自らの身を守る10の原則
  1. あとがき

→ [学事出版トップページへ]